会員規約一覧

ロイヤルホームセンター現金会員カード会員規約

本規約は、ロイヤルホームセンター株式会社(以下、「当社」という)が発行する「ロイヤルホームセンター現金会員カード」(以下「カード」という)の第1条に定める現金会員(以下「会員」という)に提供するロイヤルホームセンター現金会員カードサービス(以下、「本サービス」という)に関する基本的事項を定めたものです。

第1条(会員資格等)
1. 本規約における会員とは、本規約に同意のうえ当社所定の申込方法で会員の申込を行った個人で、当社が入会を承認した者を言います。
2. カード発行代として100円(税込)をお支払いいただきます。なお、退会時にカード発行代の返金は致しかねます。
3. 会員の入会金・年会費は不要です。
4. カードは、会員のみが使用できるものとし、他人に貸与、譲渡することはできません。
5. 会員は、氏名、住所、電話番号、電子メールアドレスその他、当社に届け出ている内容に変更が生じた場合は、当社所定の手続きにより速やかに変更の届出をするものとします。
6. カードの有効期限は最終お買い上げ日より3年間とさせていただき、有効期限を過ぎた場合は、会員資格が失効いたします。
7. 会員は、カードの署名欄に氏名を記載するものとします。

第2条(会員特典)
1. 会員は、当社指定の店舗において商品の購入およびサービスの提供を受ける場合、カードを提示して、現金等の当社が指定する方法でお支払いいただいた場合に、利用代金に応じて当社が「ロイヤルホームセンターポイント」(以下、「RHCポイント」という)を会員に付与します。
(1) RHCポイントの付与
1) 商品の購入代金またはサービスの利用代金200円(消費税抜、200円未満は切捨て)ごとにRHCポイントの基本ポイント1ポイントが付与されます。
2) 当社指定の一部店舗、当社が指定するセール期間中、一部指定商品やサービスはRHCポイント付与対象外とします。
(2) RHCポイントの付与日
前号のRHCポイントは、カード利用の都度、付与されます。当社指定のキャンペーンポイント等一部のポイントは当社が指定する日に別途付与させていただきます。
(3) RHCポイントの利用
1)累積されたRHCポイントは、会員が当社指定の店舗で利用でき、商品の購入等の支払代金にRHCポイント1ポイントを1円として1ポイント単位で利用できるものとします。
2)リフォーム・エクステリア工事、設備の交換・取付サービス「ロイサポート」の支払代金には商品代を含めRHCポイントは利用できません。
3)はがき・年賀状およびその印刷代、クオカードや商品券、家電リサイクル料、その他当社が指定する一部の商品ならびにサービスの支払代金にはRHCポイントは利用できません。
(4) RHCポイント残高の確認
新たに付与されるRHCポイントならびに、蓄積されたRHCポイント残高は、商品の購入等で発行されるレシートで確認できます。
(5) RHCポイントの返還
会員が商品の購入等の取消や返品をしたことにより、お支払い代金の全部または、一部が取消された場合、返金金額に応じRHCポイントを当社所定の方法にて返還いただきます。なお、返品等をする場合は、当該商品等を購入時に提示したカードおよびレシートが必要です。
(6) RHCポイントの有効期限
1)毎年1月から12月31日までに加算されたRHCポイントは、翌年12月31日まで有効とします。
2)有効期限を超えた未使用のRHCポイントは、自動的に失効します。
3)失効したRHCポイントは、いかなる理由があっても再付与は致しません。
2. カードの提示がない場合(カード券面を撮影した画像や、他社が提供するアプリを用いたカード画像・番号の提示を含む)は、会員特典を受けることができません。
3. その他の会員特典および、その詳細については、当社ホームページでご確認ください。

第3条(紛失・盗難・破損等)
1. カードの紛失・盗難・破損等が発生した場合は、当社指定の店舗もしくは当社お問合せ窓口まで届け出るものとします。
2. 紛失・盗難・破損等によりカードが利用できなくなった場合、当社の責任による場合を除き、再発行をいたしません。この場合、累積されたRHCポイントは失効するものとします。ただし、この場合において会員がカードの新規発行を希望することを当社に申し出たときに限り、会員が紛失・盗難・破損等したカードの利用者と確認ができた場合には、それまでに累積されたRHCポイント等を新規に発行するカードに移行できるものとします。
3. 前項に基づき、RHCポイント等を移行する手続きは当社が指定する店舗の店頭で、本人確認書類(運転免許証・健康保険証等)を提示いただいたうえで承ります。なお、その移行手続き完了後、情報の反映に2営業日程度必要です。
4. RHCポイント等の情報の反映が完了した時点で、紛失・盗難・破損等により滅失したカードは無効となります。
5. カードの紛失・盗難・破損等により第三者に使用され、会員に損害が発生しても、当社は一切の責任を負いかねます。また、RHCポイント等の移行手続き完了後、情報が反映する間も同様とします。

第4条(規約の変更)
当社は、会員への事前の通知、承諾なくして本規約を変更できるものとし、会員は予めその旨を承認するものとします。なお、本規約変更後も本サービスの利用を継続する場合、当該利用者は、変更後の本規約に同意したものとします。会員は、随時、本規約の最新の内容をご確認のうえ、本サービスを利用するものとします。

第5条(会員サービスの変更、中断、中止等)
1. 当社は、いつでも本サービスの内容の全部または一部を変更及び追加ならびに終了することができるものとします。
2. 当社は、以下の各号に該当した場合、いつでも会員サービスの全部または一部を一時的に中断することができるものとします。
(1) システム・機材のメンテナンスまたは修理を定期的にまたは緊急に行う場合
(2) アクセス過多等によって、システムに負荷が集中した場合
(3) 会員または第三者のセキュリティ等を確保する必要性が生じた場合
(4) 通信回線の停止、天変地異、火災、停電、戦争、暴動、内乱、裁判所もしくは行政当局による命令処分、その他の不可抗力により会員サービスの提供が困難な場合
(5) その他、当社が必要と判断した場合
3. 当社は、前2項により会員に損害が発生しても一切の責任を負わないものとします。

第6条(退会または会員資格喪失)
1. 会員が都合により退会する場合は、当社所定の方法でその旨を届け出るものとします。
2. 会員が次のいずれかに該当した場合は、当社は何らの通知・催告をすることなく、カードの利用を停止、または会員資格を喪失させることができるものとします。
(1) 法令に違反する行為、公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為が発覚したとき
(2) 会員が入会時に虚偽の申告をしたことが判明したとき
(3) 本規約の定めに違反したとき
(4) 会員が第9条(反社会的勢力の排除)第1項各号のいずれかに該当し、若しくは同条第2項各号のいずれかに該当する行為をし、又は同条第1項の規定に基づく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明したとき
(5) 第三者の個人情報その他のプライバシーに関する情報を不正に収集、開示、または提供する行為、またはそのおそれのある行為が発覚したとき
(6) 第1条6項で定める有効期限が過ぎたとき
(7) 本規約に同意いただけないとき
(8) その他、当社が会員として不適格と判断したとき
3. 前2項の場合、会員は、事後、カード及び本サービスを利用することができないものとし、当社は、当社所定の方法によりカードを回収する場合があります。なお、会員資格が喪失した場合は、喪失時点までに累積されたRHCポイントはすべて失効するものとします。
4. 本条の適用により、会員または第三者に損害が発生しても、当社は一切の責任を負いません。また、カードの利用が停止しもしくは、会員資格を喪失した後であっても、当該会員はすべての法的責任を負うものとします。
5. 本条1項により会員が退会する場合において、退会すると同時に当社が提供する他の会員カード等への引継ぎを当社所定の方法にて申し込み、当社が引継ぎを承認した場合に限り、蓄積されたRHCポイント等を移行できるものとします。なお、引継ぎ手続き完了後、情報の反映に10営業日程度必要です。

第7条(損害賠償)
 会員による本規約の違反行為その他、本サービスの利用に起因して当社に直接または間接の損害が生じた場合、会員は当社に対し、そのすべての損害を賠償するものとします。

第8条(特典に関する義務等)
 会員は、本規約に基づく権利および義務について、これを第三者に貸与・譲渡・担保提供し、または相続させることはできません。

第9条(反社会的勢力の排除)
1. 会員(申込者を含む)は会員、親会社及び子会社(以下「自社等」という)並びに自社等の役員及び従業員が、現在、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約いたします。
(1) 暴力団
(2) 暴力団員および暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者
(3) 暴力団準構成員
(4) 暴力団関係企業
(5) 総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等
(6) 前各号の共生者
(7) その他前各号に準ずる者
2. 会員は、会員等が自ら又は第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを確約いたします。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求等
(3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
(4) 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて会社の信用を毀損し、または会社の業務を妨害する行為
(5) その他前各号に準ずる行為

第10条(個人情報の取扱い)
 当社は、会員による会員サービスの利用に関して取得する個人情報を、当社の個人情報保護方針(https://www.royal-hc.co.jp/corporate/info/privacy/)に従い、適切に取扱います。

第11条(準拠法、合意管轄裁判所)
 本規約は、日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関し当社と会員との間に生じた紛争については、東京もしくは大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

※本規約についてのお問合せは、下記お問合せ窓口までご連絡ください。
●ロイヤルホームセンター株式会社 お客様相談センター
〒263-0004 千葉県千葉市稲毛区六方町75番1
電話:0120-25-6186 (9:00〜18:00 1/1休)

ロイヤルホームセンタースマホ会員規約

本規約は、ロイヤルホームセンター株式会社(以下、「当社」という)が運営する「ロイヤルホームセンター スマートフォン会員制度」で提供するロイヤルホームセンタースマートフォン会員サービス(以下、「本サービス」という)に関して、第1条に定めるスマホ会員(以下「会員」という)に適用される基本的事項を定めたものです。

第1条(会員資格等)
1. 本規約における会員とは、会員が所有するスマートフォン端末に当社が会員に提供するスマートフォン用アプリ(以下、「アプリ」という)をインストールし、本規約に同意のうえ当社所定の申込方法で会員の申し込みを行った個人で、当社が入会を承認した者を言います。なお、会員登録の手続きは、会員となる本人が行うものとします。
2. 当社は、会員に対しスマートフォン会員番号(以下、「スマホ会員番号」という)を発行するものとします。なお、スマホ会員は、アプリを利用しスマホ会員番号をスマートフォンの画面に表示することで当社のスマートフォン会員証(以下、「スマホ会員証」という)として利用することができるものとします。
3. スマホ会員番号の発行について、入会金と年会費は不要です。
4. スマホ会員番号は、会員本人のみが使用できるものとし、他人に貸与、譲渡することはできません。
5. 会員は、氏名、住所、電話番号、電子メールアドレスその他、当社に届出ている内容に変更が生じた場合は、当社所定の手続きにより速やかに変更の届出をするものとします。
6. 会員の有効期限は最終お買い上げ日より3年間とさせていただき、有効期限を過ぎた場合は、会員資格が失効いたします。

第2条(会員特典)
1. 会員は、当社指定の一部店舗において商品の購入およびサービスの提供を受ける場合、スマホ会員証を提示して、現金・クレジットカードでお支払いいただいた場合に、利用代金に応じて当社がRHCポイントを会員に付与します。
(1) RHCポイントの付与
1) 商品の購入代金またはサービスの利用代金200円(消費税抜、200円未満は切捨て)ごとにRHCポイント1ポイントが付与されます。ただし、ロイヤルホームセンターHeartOneカード会員(以下、「HeartOneカード会員」といいます)がスマホ会員となりスマホ会員証を提示した場合は、HeartOneカード会員規約に基づくポイントが付与されます。
2) 当社指定の一部店舗、当社が指定するセール期間中、一部指定商品やサービスはRHCポイント付与対象外とします。
(2) RHCポイントの付与日
前号のRHCポイントは、スマホ会員証提示の都度、付与されます。当社指定のキャンペーンポイント等一部のポイントは当社が指定する日に別途付与します。ただし、注文品等の前受け金としてお支払いいただく場合は、商品のお受け取り時に付与されます。
(3) RHCポイントの利用
1)累積されたRHCポイントは、会員が当社指定の一部店舗で利用でき、商品の購入等の支払代金にRHCポイント1ポイントを1円として1ポイント単位で利用できるものとします。
2)リフォーム・エクステリア工事、設備の交換・取付サービス「ロイサポート」の支払代金には商品代を含めRHCポイントは利用できません。
3)はがき・年賀状およびその印刷代、クオカードや商品券、家電リサイクル料、その他当社が指定する一部の商品ならびにサービスの支払代金にはRHCポイントは利用できません。
(4) RHCポイント残高の確認
新たに付与されるRHCポイントならびに、蓄積されたRHCポイント残高は、商品の購入等で発行されるレシートで確認できます。なお、前日までのRHCポイント残高については、アプリを利用して確認することができます。
(5) RHCポイントの返還
会員が商品の購入等の取消や返品をしたことにより、お支払い代金の全部または、一部が取消された場合、返金金額に応じRHCポイントを当社所定の方法で返還いただきます。なお、返品等をする場合は、当該商品等を購入時に提示したスマホ会員証およびレシートが必要です。
(6) RHCポイントの有効期限
1) 毎年1月から12月31日までに加算されたRHCポイントは、翌年12月31日まで有効とします。
2) 有効期限を超えた未使用のRHCポイントは、自動的に失効します。
3) 失効したRHCポイントは、いかなる理由があっても再付与は致しません。
2. スマホ会員証の提示がない場合(スマホ会員証の券面を撮影した画像や、当社以外が提供するアプリを用いてスマホ会員証の画像・ スマホ会員番号のみの提示を含む)は、会員特典を受けることができません。
3. その他の会員特典および、その詳細については、当社ホームページでご確認ください。

第3条(パスワードの管理)
1. スマホ会員証を利用するためのパスワードは、他人に知られることがないよう定期的に変更し、会員本人が責任をもって管理するものとします。
2. パスワードの盗用、不正利用または忘却等の事情により、会員のスマホ会員証を会員本人以外の第三者が利用している場合であっても、それにより生じた損害について一切の責任を負わないものとする。

第4条(紛失・盗難等)
会員は、スマホ会員証を利用するためのパスワードおよびスマホ会員番号の盗難・紛失・不正利用等が発生した場合は、当社指定の一部の店舗もしくは当社お問合せ窓口まで届出るものとします。

第5条(規約の変更)
 当社は、会員への事前の通知、承諾なくして本規約を変更できるものとし、会員は予めその旨を承認するものとします。なお、本規約変更後も本サービスの利用を継続する場合、当該利用者は、変更後の本規約に同意したものとします。会員は、随時、本規約の最新の内容をご確認のうえ、本サービスを利用するものとします。

第6条(会員サービスの変更、中断、中止等)
1. 当社は、いつでも本サービスの内容の全部または一部を変更及び追加ならびに終了することができるものとします。
2. 当社は、以下の各号に該当した場合、いつでも本サービスの全部または一部を一時的に中断することができるものとします。
(1) システム・機材のメンテナンスまたは修理を定期的にまたは緊急に行う場合
(2) アクセス過多等によって、システムに負荷が集中した場合
(3) 会員または第三者のセキュリティ等を確保する必要性が生じた場合
(4) 通信回線の停止、天変地異、火災、停電、戦争、暴動、内乱、裁判所もしくは行政当局による命令処分、その他の不可抗力により会員サービスの提供が困難な場合 (5) その他、当社が必要と判断した場合
3. 当社は、前2項により会員に損害が発生しても一切の責任を負わないものとします。

第7条(会員資格喪失)
1. 会員が次のいずれかに該当した場合は、当社は何らの通知・催告をすることなく、スマホ会員番号の利用を停止、または会員資格を喪失させることができるものとします。
(1) 法令に違反する行為、公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為が発覚したとき
(2) 会員が入会時に虚偽の申告をしたことが判明したとき
(3) 本規約の定めに違反したとき
(4) 会員が第9条(反社会的勢力の排除)第1項各号のいずれかに該当し、若しくは同条第2項各号のいずれかに該当する行為をし、又は同条第1項の規定に基づく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明したとき
(5) 第三者の個人情報その他のプライバシーに関する情報を不正に収集、開示、または 提供する行為、またはそのおそれのある行為が発覚したとき
(6) 第1条6項で定める有効期限が過ぎたとき
(7) 本規約に同意いただけないとき
(8) その他、当社が会員として不適格と判断したとき
2. 会員資格が喪失した場合は、喪失時点までに累積されたRHCポイントはすべて失効するものとします。
3. 本条の適用により、会員または第三者に損害が発生しても、当社は一切の責任を負いません。また、スマホ会員番号の利用が停止しもしくは、会員資格を喪失した後であっても、当該会員はすべての法的責任を負うものとします。

第8条(損害賠償)
会員による本規約の違反行為その他、本サービスの利用に起因して当社に直接または間接の損害が生じた場合、会員は当社に対し、そのすべての損害を賠償するものとします。

第9条(特典に関する義務等)
 会員は、本規約に基づく権利および義務について、これを第三者に貸与・譲渡・担保提供し、または相続させることはできません。

第10条(反社会的勢力の排除)
1. 会員(申込者を含む)は会員、親会社及び子会社(以下「自社等」という)並びに自社等の役員及び従業員が、現在、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約いたします。
(1) 暴力団
(2) 暴力団員および暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者
(3) 暴力団準構成員
(4) 暴力団関係企業
(5) 総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等
(6) 前各号の共生者
(7) その他前各号に準ずる者
2. 会員は、会員等が自ら又は第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを確約いたします。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求等
(3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
(4) 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて会社の信用を毀損し、または会社の 業務を妨害する行為
(5) その他前各号に準ずる行為

第11条(個人情報の取扱い)
当社は、会員による会員サービスの利用に関して取得する個人情報を、当社の個人情報保護方針(https://www.royal-hc.co.jp/corporate/info/privacy/)に従い、適切に取扱います。

第12条(準拠法、合意管轄裁判所)
本規約は、日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関し当社と会員との間に生じた紛争については、東京もしくは大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

※本規約についてのお問合せは、下記お問合せ窓口までご連絡ください。
●ロイヤルホームセンター株式会社 お客様相談センター
〒263-0004 千葉県千葉市稲毛区六方町75番1
電話:0120-25-6186 (9:00~18:00 1/1休)

ロイヤルホームセンターHeartOneカード会員規約

ロイヤルホームセンター株式会社(以下「当社」といいます)は大和ハウスフィナンシャル株式会社(以下「提携先」という)と提携し、当「ロイヤルホームセンターHeartOneカード会員規約」(以下、「本規約」という)および提携先が定める規約等に従ってロイヤルホームセンター HeartOneカードサービス(以下「本サービス」という)を運営し、本サービスの会員規約に同意し会員カードの発行をおこなった本サービスの会員(以下「会員」という)に対し特典を提供するものとします。

第1条(規約の適用)
1.本規約は、本サービスを受けるすべての会員に適用されます。
2.本サービスをご利用された際は、会員は本規約にご同意されご承諾されたものとみなされます。

第2条(会員の資格)
1.会員とは、本サービスの会員規約を承諾の上、所定の入会手続きを行い、当社および提携先が入会を認めクレジット機能付きカード「ロイヤルホームセンターHeartOneカード」(以下「会員カード」という)を発行した方をいいます。なお、ロイヤルホームセンターHeartOneカードのお申込者は個人のみとし、法人名義ではご入会いただけません。
2.本サービスに年会費は不要です。
3.会員カードは、会員のみが使用できるものとし、他人に貸与、譲渡することは禁止とします。
4.会員は、氏名、住所、電話番号、電子メールアドレスその他当社に届け出ている内容に変更が生じた場合には、当社所定の手続きにより、速やかに変更の届け出をするものとします。
5. 会員カードを紛失または破損した場合、提携先インフォメーションセンターへお申し出下さい。なお、再発行に際しては当社が指定する所定の手続きで本人確認をさせていただきますので、予めご了承下さい。
6.このカードの有効期限は提携先のHeartOneカード規約に準じます。

第3条(会員特典)
1.会員は、当社指定の店舗において商品の購入およびサービスの提供を受ける場合、会員カードを提示して、現金等の当社が指定する方法でお支払いいただいた場合に、利用代金に応じて当社が「ロイヤルホームセンターポイント」(以下、「RHCポイント」という)を会員に付与します。
(1)RHCポイントの付与
1)商品の購入代金またはサービスの利用代金200円(消費税抜、200円未満は切捨て)ごとにRHCポイントの基本ポイント1ポイントが付与されます。ただし、会員カードのHeartOneクレジット決済でお支払いいただく場合は、商品の購入代金またはサービスの利用代金200円(消費税抜、200円未満は切捨て)ごとにRHCポイントの基本ポイント1ポイントおよび加算ポイント1ポイントの合計2ポイントが付与されます。
2)当社指定の一部店舗、会員様限定特別優待セール期間中、当社が指定するセール期間中、一部指定商品やサービスはRHCポイント付与対象外とします。
(2)RHCポイントの付与日
前号のRHCポイントは、会員カードを提示したお支払いの都度、付与されます。ただし、注文品等の前受金としてお支払いいただく場合は、商品のお受け取り時に付与されます。
(3)RHCポイントの利用
1)累積されたRHCポイントは、会員が当社指定の店舗で利用でき、商品の購入等の支払代金にRHCポイント1ポイントを1円として1ポイント単位で利用できるものとします。
2)リフォーム・エクステリア工事、設備の交換・取付サービス「ロイサポート」の支払代金には商品代を含めRHCポイントは利用できません。
3)はがき・年賀状およびその印刷代、クオカードや商品券、家電リサイクル料、その他当社が指定する一部の商品ならびにサービスの支払代金にはRHCポイントは利用できません。
(4)RHCポイント残高の確認
新たに付与されるRHCポイントならびに、蓄積されたRHCポイント残高は、商品の購入等で発行されるレシートで確認できます。
(5)RHCポイントの返還
会員が商品の購入等の取消や返品をしたことにより、お支払い代金の全部または、一部が取消された場合、返金金額に応じRHCポイントを当社所定の方法にて返還いただきます。なお、返品等をする場合は、当該商品等を購入時に提示した会員カードおよびレシートが必要です。
(6)RHCポイントの有効期限
1)毎年1月から12月31日までに加算されたRHCポイントは、翌年12月31日まで有効とします。
2)有効期限を超えた未使用のRHCポイントは、自動的に失効します。
3)失効したRHCポイントは、いかなる理由があっても再付与は致しません。
2.会員カードの提示がない場合(カード券面を撮影した画像や、他社が提供するアプリを用いたカード画像・番号の提示を含む)は、会員特典を受けることができません。
3.その他の会員特典および、その詳細については、当社ホームページでご確認ください。

第4条(会員資格の喪失)
1.会員が以下の項目のいずれかに該当するときは、会員資格を喪失するものとし、会員サービスの全効力は会員の資格が取り消された時点で失効するものとします。この場合、会員カードを提携先へ、速やかに返却するものとします。
(1)会員が所定の手続きを取り退会したとき
(2)提携先の定めたカードの有効期限が更新されなかったとき
(3)プライバシーポリシーに基づく個人情報の取り扱いにご同意いただけないとき
(4)会員が第8条(反社会的勢力の排除)第1項各号のいずれかに該当し、若しくは同条第2項各号のいずれかに該当する行為をし、又は同条第1項の規定に基づく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明したとき。
(5)本規約に違反し、当社が会員として不適格であると判断したとき
(6) 提携先の規約・約款等に定める資格喪失事項等に該当するとき
2.当社が前項の措置を取ったことにより、当該会員が本サービスを利用できなくなり、これにより当該会員または第三者に損害が発生したとしても当社は一切の責任を負いません。また、会員が前項各号のいずれかに該当する行為によって当社または第三者に損害が生じた場合、会員資格を喪失した後であっても、当該会員は全ての法的責任を負わなければなりません。
3.当社の都合により事前の予告なしに本サービスを終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。本サービス終了については、ホームページへの掲載等当社指定の方法で告知をいたします。
4.会員は理由の如何に問わず、会員資格を喪失した場合、蓄積されているRHCポイントは全て失効するものとし、本規約もしくはポイントシステムにおける権利、義務のすべてが消失するものとします。

第5条(免責事項)
1.当社が必要と判断した場合、会員に事前通知なく一時的に本サービスの提供を中止させていただく場合があります。本条項に基づく本サービスの提供の中止により本サービス会員に損害があった場合、理由を問わず当社は一切責任を負わないものとします。
2.会員は会員カードを紛失により喪失した場合、届け出から利用停止措置が完了するまでに一定期間を要することを了承するものとし、利用停止措置が完了するまでの間に当該会員および第三者に損害が発生しても、当社は一切の責任を負わないものとします。
3.会員カードが持ち主である本サービス会員以外の第三者に渡り、当該会員および第三者に損害が発生しても、当社は一切の責任を負わないものとします。
4.当社は、本サービスの業務処理において、当社に故意又は過失がない限り、法律上の請求原因の如何を問わず、いかなる場合においても、本サービスの利用に関して会員に生じた損害、損失、不利益等に関して、法令上の責任を超えて責任を負うことはありません。ただし、当社に軽過失がある場合、その損害賠償額は会員に現実に生じた通常かつ直接の損害に限るものとします。
5.第三者による当サービスの侵害または情報改変等によって、当サービスに中断、遅延、誤送信等の情報の欠陥が生じた場合、会員及び他の第三者が被った被害について、当社は一切の責任を追わないものとします。
6.天変地異、戦争、暴動、内乱、革命、法令の改廃制定、裁判所もしくは行政当局による命令処分、輸送機関の事故、その他の不可抗力により契約の履行が遅延し、または不可能となったときは、当社は会員に対し一切の責任も負わないものとします。
7.インターネットへの接続および機器類の設定、あるいは通信事情など当社の管理が及ばない全ての環境条件により、本サービスが正常に提供できない場合、これに起因する諸影響について、当社は一切の責任を負わないものとします。

第6条(禁止事項)
1.会員は本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはならないものとする。
(1)本サービスで取得した会員特典を第三者に譲渡する行為
(2)カード情報を不正に使用する行為
(3)他の会員、第三者もしくは当社に損害、不利益を与える行為
(4)公序良俗に反する行為、法令に違反する行為、またはその恐れのある行為
(5)本規約に違反する行為
(6)その他、当社が不適切と判断する行為
2.会員が前項各号に該当する行為により、他の会員、第三者もしくは当社に損害が生じた場合、当社は会員の利用資格を停止又は抹消とともに当該損害の賠償を請求することがあります。
3.前項の処置により、会員が本サービスを利用できなくなり、これにより当該利用者または第三者に損害が発生したとしても、当者は一切の責任を負わないものとします。また、利用資格の喪失後も当該利用者は、全ての法的責任を負わなければなりません。

第7条(損害賠償)
1.会員による本規約違反行為その他本サービスの利用に起因して、当社に直接又は間接の損害が生じた場合、会員は、当社に対し、そのすべての損害を賠償するものとします。
2.本サービスの変更、中断、中止、停止、もしくは廃止、またはその他サービスに関連して発生した利用者または第三者の損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。なお、当社の故意又は重過失により当社が責任を負う場合であっても、賠償の範囲は、現実に発生した通常かつ直接の損害に限定されます

第8条(反社会的勢力の排除)
1.会員(本条においては、入会申込者も含む)
は現在、次の各号のいずれにも該当しない事を表明し、かつ将来にわたっても該当しない事を確約いたします。
(1)暴力団
(2)暴力団員及び暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者
(3)暴力団準構成員
(4)暴力団関係企業
(5)総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等
(6)前各号の共生者
(7)その他前各号に準ずる者
2.会員は会員等が自ら又は第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを確約いたします。
(1)暴力的な要求行為
(2)法的な責任を超えた不当な要求行為
(3)取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
(4)風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて会社の信用を毀損し、又は会社の業務を妨害する行為
(5)その他前各号に準ずる行為

第9条(会員情報の取り扱い)
当社は「個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)」および「ロイヤルホームセンター株式会社プライバシーポリシー」に基づき、お客様から提供を受けた会員情報(以下「個人情報」という)を厳重な管理体制のもとで管理・保管し、第三者に漏えいすることのないよう、個人情報の保護に努めて参ります。
1.個人情報の登録
住所、氏名、生年月日、電話番号、年齢、性別等会員入会時にご記入いただいた内容やロイヤルホームセンター店舗での購入履歴等を登録・管理することを予めご了承下さい。
2.個人情報の利用目的
(1)お客様からのご意見・ご感想をいただくための連絡・通信を行うため
(2)お客様からのお問い合わせや資料請求等の請求に対応させていただくため
(3)市場調査や新しい商品・サービスの開発のため
(4)会員カードの発行、各種セール・イベント・セミナー・キャンペーン・会員制サービス等のご案内のため
(5)電子メール配信サービスや定期刊行物の発送のため
(6)当社または提携先で取り扱っている商品やサービスに関する情報提供させていただくため
(7)その他当社の事業に付帯・関連する目的のため
3.第三者提供について
(1)当社は保護措置を講じた上で以下の個人情報を大和ハウス工業株式会社および大和ハウスグループ各社(以下「受領者」という)に提供いたします。受領者は以下の目的で個人情報を利用いたします。
[提供する個人情報]
前項1.にて登録された情報
[利用目的]
Ⅰ.受領者のクレジット関連事業・金融サービス事業・住宅事業・リフォーム事業・集合住宅事業・マンション事業・商業店舗開発建築事業・不動産分譲事業・不動産仲介事業・ホテル事業・小売事業・フィットネス事業・運輸事業・リース事業等におけるサービス提供、宣伝物・印刷物の送付等の営業案内、関連するアフターサービスの提供
Ⅱ.Ⅰの受領者の各事業における市場調査、商品開発
※なお、受領者名および受領者の具体的な事業内容については、下記の受領者ホームページをご参照下さい。
大和ハウス工業株式会社ホームページアドレス
http://www.daiwahouse.co.jp 大和ハウスグループホームページアドレス
http://www.daiwahouse.com/about/company/
(2)会員は当社に対して前号の個人情報の提供について、停止の申し入れができます。
(3)受領者が保有する会員の個人情報に関するお問い合わせや、開示・訂正・削除のお申し出は、【ロイヤルホームセンター株式会社 お客様相談センター】までお問い合せ下さい。また、その際には当社が指定する所定の手続きにて本人確認をさせていただきますので、予めご了承下さい。

4.第三者提供の制限
当社は、前項3.および以下のいずれかに該当する場合を除きお預かりした個人情報を第三者に提供しません。
(1)お客さまから予め同意をいただいた場合
(2)利用目的の達成に必要な範囲内において外部委託した場合
(3)統計的データなどお客さま個人を識別できない状態で提供する場合
(4)法令に基づき提供を求められた場合
(5)人の生命、身体または財産の保護のために必要な場合であって、お客さまの同意を得ることが困難である場合
(6)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客さまの同意を得ることが困難である場合
(7)国または地方公共団体などが法令の定める事務を実施するうえで、協力する必要がある場合であって、お客さまの同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
5.委託先の監督
当社は、会員に対する各種広告物の送付業務等を、第三者に委託することがあります。委託する際には個人情報を厳重に管理することを委託先に義務付け、監督し、委託先からの漏えい防止に努めます。
6.個人情報の開示
会員は、当社に対して自己に関する個人情報を開示するよう請求することができます。会員の個人情報に関するお問い合わせや、開示のお申し出は、【ロイヤルホームセンター株式会社 お客様相談センター】までお問い合せ下さい。また、その際には当社が指定する所定の手続きにて本人確認をさせていただきますので、予めご了承下さい。
7.個人情報の登録変更
会員は、住所、氏名、生年月日、電話番号、年齢、性別等会員入会時にご記入いただいた登録内容を変更する場合は、速やかに【HeartOneカードインフォメーションセンター】までお申し出下さい。変更のお申し出がない場合、当社からの郵便物の未達等があった場合も当社は一切の責任を負いません。

第10条(サービスの中断・変更・終了)
1.当社は会員に事前に通知する事なく、本サービスの内容の全部又は一部を変更又は追加することができるものとします。
2.当社は、事前に、当社の運営するウェブサイト上への掲示その他の当社が適当と判断する方法で会員に通知することにより、当社の裁量で、本サービスの提供を終了することができるものとします
3.当社は以下の各号の事由が生じた場合には、会員に事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部を一時的に中断することができるものとします。
(1)会員のセキュリティを確保する必要が生じた場合
(2)地震、水害等の天災、火災、停電、その他の不慮の事故又は戦争、紛争、動乱、暴動、労働争議などの不可抗力により本サービスの提供が困難な場合
(3)法令又はこれに基づく措置により本サービスの運営が不能となった場合
(4)その他前各号に順次当社が必要と判断した場合

第11条(準拠法)
本規約に関する準拠法は日本法とします。

第12条(合憲管轄裁判所)
本サービスの利用に関して当社と会員との間に生じた紛争については、会員の住所地又は当社の本社、支店を管轄する簡易裁判所又は地方裁判所を第一審の専属的合憲管轄裁判所とします。

第13条(規約の改定・変更)
1.当社は、随時本規約を変更又は追加することができるものとします。変更後の利用規約は当社が別途定める場合を除いて、当社の運営するウェブサイトに掲載します。

2.会員が本規約の変更後も本サービスの利用を継続する場合、当該利用者は、変更後の本規約に同意したものとします。会員は、会員の責任において、随時、本規約の最新の内容をご確認の上、本サービスをご利用ください。

(2009年1月1日制定)
(2020年4月1日改定)
(2020年12月1日改定)
(2021年4月1日改定)
(2021年9月1日改定)
お問い合わせ先
■ロイヤルホームセンターに関するお問い合わせ
 ロイヤルホームセンター株式会社 お客様相談センター 0120-25-6186(9:00~18:00) 1/1休
 ※上記フリーコールは、携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

■クレジットカードに関するお問い合わせ
HeartOneカード インフォメーションセンター
(業務委託会社 株式会社クレディセゾン)
東京:03-5996-1791
大阪:06-7709-8053
【受付時間】9:00~17:00 ※1月1日休み

ロイヤルホームセンタープロカード会員規約

本規約は、ロイヤルホームセンター株式会社(以下、「当社」という)が発行する「ロイヤルホームセンタープロカード」(以下「カード」という)の第1条に定めるプロカード会員(以下「会員」という)に提供するロイヤルホームセンタープロカードサービス(以下、「本サービス」という)に関する基本的事項を定めたものです。

【ロイヤルホームセンタープロカード会員規約】
本規約をよくお読みのうえお申込みください。
第1条(総則)
ロイヤルホームセンタープロカードとは、会員又はカード使用者がロイヤルホームセンター株式会社(以下「甲」という)で提示し所定の手続きをすることにより、カード利用可能枠の範囲で、甲から商品・権利の購入又はサービスの提供が受けられるSMBCファイナンスサービス株式会社(以下「乙」という)が発行するショッピングクレジットカード(以下「カード」という)をいいます。

第2条(会員とカード使用者)
1.会員とは、ロイヤルホームセンタープロカード会員規約(以下「本規約」という)を承認の上、乙に入会の申込みをした法人又は個人事業主で、乙が入会を承認した者をいいます。なお、乙が入会を認めた時に、カードに係る基本契約が成立するものとし、契約日は乙から会員に通知されます。
2.カード使用者とは、会員の従業員で、会員が乙にカード使用を申込み、乙が使用を承認した者をいいます。
3.乙は、会員又はカード使用者が甲でカードを提示し、所定の売上票にカードと同一の署名をすることにより、会員又はカード使用者が甲から購入する商品や権利の代金又は提供を受けるサービスの対価(以下「カード利用代金」という)を甲に立替払するものとします。
4.会員は、会員及びカード使用者のカード利用代金その他本規約に基づく債務(以下「カード利用代金等」という)を負担するものとします。
5.会員が法人(上場会社を除く)の場合、会員は、自らの役員または社員の中から、本カードの取引担当者となる管理責任者を選出し、乙に届け出るものとします。

第3条(カードの貸与・有効期限)
1.カードの種類には「親カード」と「使用者カード」があります。
(1)親カード:乙が会員に貸与するカードをいいます。このカードは1会員につき1枚を貸与します。
(2)使用者カード:会員が乙に従業員の中でカード利用を希望する者を申請し、乙が許可した場合に、乙が会員に貸与するカードをいいます。
2.カードは、親カードについては会員の代表者及び従業員、使用者カードについては当該使用者のみが使用できるものとし、他人に貸与、譲渡又は質入れ等の担保に供することは禁止とします。
3.会員は、カードの署名欄に親カードについては、法人名又は個人事業主名を記載し、使用者カードについては、当該使用者に自署させ、善良なる管理者の注意をもってカードを保管し、又は保管させるものとします。
4.カード使用者は、甲でカードを提示し、所定の帳票にカードと同一の自己の署名(親カードは法人名又は個人事業主名の記載及び自己の署名)をすることにより商品の購入並びにサービス等の提供を受けることができます。
5.前2項に違反し、カードが第三者に不正利用された場合は、会員は当該カード使用者と連帯してカード利用代金等を支払うものとします。
6.会員及びカード使用者が現金化を目的として商品・サービス又は流通する紙幣・貨幣の購入等にカード利用可能枠を利用することを禁止します。なお、現金化とは、買取屋による方式又はキャッシュバック方式をいいますが、これらの方式に限りません。
※カード利用可能枠の現金化の詳細については、(社)日本クレジット協会ホームページhttps://www.j-credit.or.jp/をご覧ください。
7.カードの有効期限はカードに表示し、所定の時期に更新するものとします。但し、乙が引続き会員及びカード使用者として認める場合に限ります。

第4条(カードの使用目的)
1.会員及びカード使用者は、会員及びカード使用者の事業に係る商品・権利の購入又はサービスの提供以外の用途にカードを使用できないものとし、割賦販売法による保護を受けられないことを承諾します。
2.会員及びカード使用者が、前項に違反してカードを使用した場合も、会員及びカード使用者はその支払いの責を免れないものとします。

第5条(紛議)
カード利用により会員が購入した商品・権利又は提供を受けたサービスに対する紛議は、すべて会員と甲との間で解決するものとします。

第6条(カード利用可能枠)
会員のカード利用可能枠(以下「可能枠という」)は、乙所定の金額とします。可能枠は、会員に貸与しているカード枚数にかかわらず、会員単位で定めるものとします。また、乙は会員のカード利用状況等に応じてカードの可能枠を変更できるものとします。

第7条(カード利用代金等の支払方法・約定支払日)
1.会員のカード利用代金等は毎月末日に締め切り、翌々月の26日(当日が金融機関の休業日の場合は翌営業日)に予め会員が届け出た金融機関の預金口座から口座振替の方法により乙に支払うものとします。なお、会員の支払額がその債務の全額に充当できない場合は、乙所定の順序にて乙が充当します。
2.カード利用代金等の支払方法は、1回払いとし、ショッピングクレジットに係る手数料は不要とします。

第8条(会員の支払額の通知)
乙は、第7条(カード利用代金等の支払方法・約定支払日)に定める会員の毎月の支払額を、普通郵便にて会員の届出住所にご利用代金明細書(請求書)として通知します。会員が通知を受けた後1週間以内に、乙に対して異議の申立てをしない場合には、ご利用代金明細書の内容について承認したものとします。なお、ご利用代金明細書の延着又は未着をもって、会員がカード利用代金等の支払拒絶をすることはできないものとします。

第9条(遅延損害金及び公租公課・費用の負担)
1.会員が約定支払日に支払を遅延した場合、支払額に対して、約定支払日の翌日から支払済みに至るまで、また期限の利益を喪失した場合、残債務に対して、期限の利益を喪失した日の翌日から支払済みに至るまで、年14.60%(1年を365日とします。但し、閏年は1年366日とします)の割合による遅延損害金を付加して支払うものとします。
2.カード利用代金等又は本規約に基づく費用等に関して課される公租公課(消費税等を含む。以下同じ)は、会員の負担とします。なお、公租公課が変更されたときは、会員は、変更後の公租公課を負担します。
3.カード利用代金等の支払、カードの返却、乙所定の届出及び問合せその他本規約に基づいて要するすべての費用(金融機関への振込手数料及び再振込手数料、乙指定場所への持参手数料、郵送料、電話料金等)は、会員の負担とします。
4.会員がカード利用代金等の支払を怠り、乙が振込用紙を送付した場合、振込用紙送付費用として送付回数1回につき330円(税込)を乙に支払うものとします。なお、この場合の振込手数料は会員負担とします。
5.会員は支払遅延など会員の責に帰すべき事由により乙がカード利用代金等を訪問集金した場合、訪問集金費用として訪問回数1回につき1,100円(税込)を乙に支払うものとします。
6.乙が会員に対して書面による催告を行った場合、会員は当該催告に要した費用を負担するものとします。
7.会員の要請によりカードを再発行したときは、乙は会員に対し、カードの再発行手数料1,100円(税込)を請求することができます。

第10条(期限の利益の喪失)
1.会員は、次の各号のいずれかの事由に該当した場合、本規約に基づく一切の債務について当然に期限の利益を失い、直ちに債務の全額をお支払いいただきます。
(1)本規約に基づく債務の履行を1回でも遅滞したとき。
(2)差押、仮差押、保全差押、仮処分の申立又は滞納処分を受けたとき。
(3)破産、民事再生、特別清算、会社更生その他裁判上の倒産手続きの申立を受け、若しくは自ら申し立てたとき。
(4)債務整理のための法的手続きの申立があったとき。
(5)債務整理(任意整理を含む。以下同じ)を開始する旨、又は債務整理のため弁護士等に依頼した旨を乙に通知したとき。
(6)自ら振出した手形、小切手が不渡りになったとき、又は一般の支払を停止したとき。
(7)会員資格を取消されたとき。
2.会員は、次の各号のいずれかの事由に該当した場合、乙の請求により、本規約に基づく一切の債務について期限の利益を失い、直ちに債務の全額を支払うものとします。
(1)乙が所有権留保した商品の質入れ・譲渡・賃貸その他の処分を行ったとき。
(2)本規約上の義務に違反し、その違反が本規約の重大な違反となるとき。
(3)本規約以外の乙と会員とのその他の取引に基づく債務について期限の利益を喪失する等、会員の信用状態が著しく悪化したとき。

第11条(退会・カードの利用停止及び会員資格の喪失)
1.会員が都合により退会する場合は、その旨の届けをした上、乙の指示に従ってカードを直ちに返却するか、カードを切断して破棄するものとします。但し、会員は、退会時に債務がある場合、本規約に基づき当該債務を支払うものとします。また、会員は、退会後においても、本規約の定めに従い、カードを利用しまたは会員番号を使用して生じたカード利用代金等について、全て支払の責を負うものとします。
2.会員が次のいずれかに該当した場合は、乙は何らの通知・催告をすることなく、カードの利用を停止させること、又は会員資格を喪失させることができます。この場合、会員は乙に対して直ちにカードを返却し、未払債務の全額をお支払いいただくとともに、乙は甲に当該カードの無効を通知できます。
(1)会員が入会時に虚偽の申告をしたことが判明したとき。
(2)会員の信用状況に重大な変化が生じたと乙が判断したとき。
(3)本規約の定めに違反したとき。
(4)第3条(カードの貸与・有効期限)第6項に違反し、カードの利用状況が不適当又は不審であると乙が判断した場合。
(5)その他乙が会員として不適格と判断したとき。

第12条(カードの紛失・盗難等)
1.カードの紛失、盗難、詐取、横領等、又はカード情報の盗用等(以下「カードの紛失・盗難等」という)によりカード又はカード情報が第三者に利用された場合、会員は、当該カード利用により生じた一切の債務についてすべての責任を負うものとします。
2.会員は、カードの紛失・盗難等があった場合、速やかにその旨を乙に連絡し、最寄りの警察署又は交番に届出たうえで、乙所定の届出書を乙あてに提出するものとします。
3.乙は、カードが第三者によって拾得された旨の連絡を受ける等、カードの紛失・盗難等が生じたと乙が認識した場合、乙の任意の判断でカードを無効とすることができるものとし、会員は予めこれを承諾するものとします。

第13条(届出事項の変更)
1.会員は、乙に届け出た法人名、個人事業主名、代表者名、所在地、電話番号、事業内容、預金口座、管理責任者、カード使用者、法令に基づく乙への届出事項等に変更が生じた場合、またカード使用者を追加する場合は、速やかに乙宛に所定の届出用紙により手続きしていただきます。
2.前項の届出がない場合、乙又は甲からの通知又は送付書類等が延着し、又は到着しなかったときは、通常到着すべき時に到着したものとみなし、また、届出がないことにより生じた紛議については、乙は責任を負いません。
3.連帯保証人を新規につける場合、又は変更する場合、新連帯保証人は既に発生している会員の債務についても保証し、連帯して履行することに同意するものとします。

第14条(連帯保証)
1.連帯保証人は、カード利用に関わる一切の債務(以下「主たる債務」という)を保証し、会員と連帯して履行する責任を負うものとします。連帯保証人は、法人の代表者とします。
2.連帯保証人は、前項による保証債務の限度額(以下「保証限度額」という)が、カード利用可能枠を踏まえて設定されることに同意します。保証限度額は、乙が別途通知するものとします。
3.連帯保証人は、カード利用可能枠が変更された場合、保証限度額が変更されることに同意します。変更後の保証限度額は、乙が別途通知するものとします。
4.会員は、次の事項にかかる情報を連帯保証人に提供していること、及び提供した情報が真実、正確であり、かつ不足がないことを、乙に対して表明及び保証します。
(1)会員の財産及び収支の状況
(2)主たる債務以外に負担している会員の債務の有無並びにその額及び履行状況
(3)主たる債務の担保として他に提供し、又は提供しようとするものがあるときは、その旨及びその内容
5.連帯保証人は、乙に対し、本契約締結までに、会員から、前項各号の事項にかかる情報提供を受けたことを表明及び保証します。
6.乙が連帯保証人のいずれか一人に対して履行の請求をしたときは、会員及び他の連帯保証人に対しても、この履行の請求の効力が生ずるものとします。
7.連帯保証人が保証債務を履行した場合、連帯保証人は、本規約に基づく取引が終了し、かつ、主たる債務すべてが弁済されるまで、書面による乙の事前の承諾がなければ乙の権利に代位しません。
8.連帯保証人は、乙が他の保証又は担保を変更若しくは解除しても、免責の主張及び損害賠償の請求をしません。
9.会員は、乙が連帯保証人に対して、会員の乙に対する債務の履行状況を開示することを予め承諾します。

第15条(所有権留保に伴う特約)
1.カード利用により購入した商品の所有権は、乙が甲に立替払いしたことにより、甲から乙に移転し、当該商品等の債務の完済まで乙に留保されるものとします。
2.会員は、第10条(期限の利益の喪失)により期限の利益を喪失した場合、乙は留保した所有権に基づき商品を引取ることができ、その商品については、会員と乙が協議・決定した相当な価格で本規約に基づく未払債務の支払いに充当することに同意します。なお、不足が生じたときは会員及び乙の間で直ちに清算します。

第16条(規約の変更)
1.乙は、次の各号のいずれかに該当する場合、予め効力発生日を定め、本規約を変更する旨、変更後の内容及び効力発生時期を、乙のホームページにおいて公表する他、必要があるときにはその他相当な方法で会員に周知したうえで、本規約を変更することができるものとします。
①変更の内容が会員の一般の利益に適合するとき。
②変更の内容が本規約に係る取引の目的に反せず、変更の必要性、変更後の内容の相当性その他の変更に係る事情に照らし、合理的なものであるとき。
2.乙は、予め変更後の内容を乙のホームページにおいて公表する方法又は通知する方法(必要があるときにはその他相当な方法を含む)により会員に周知したうえで、本規約を変更することができるものとします。この場合、当該周知の後に会員が本規約に係る取引を行ったときは、会員は変更を承諾したものとみなし、以後、変更後の規約が適用されるものとします。

第17条(合意管轄裁判所)
会員は、本規約について紛争が生じたときは、訴額の如何にかかわらず、乙又は甲の本社、各営業部、各支店、各営業所、センターを管轄する簡易裁判所若しくは地方裁判所を管轄裁判所とすることに合意するものとします。

第18条(反社会的勢力との取引の排除)
1.会員(本条においては、入会申込者を含む)は会員、親会社及び子会社(以下「自社等」という)並びに自社等の役員及び従業員(以下「会員等」という)、カード使用者及び連帯保証人が、現在、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約いたします。
(1)暴力団
(2)暴力団員及び暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者
(3)暴力団準構成員
(4)暴力団関係企業
(5)総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等
(6)前各号の共生者
(7)その他前各号に準ずる者
2.会員、カード使用者及び連帯保証人が自ら又は第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを確約いたします。
(1)暴力的な要求行為
(2)法的な責任を超えた不当な要求行為
(3)取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
(4)風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて会社の信用を毀損し、又は会社の業務を妨害する行為
(5)その他前各号に準ずる行為
3.乙は、会員、カード使用者及び連帯保証人が第1項各号のいずれかに該当し、若しくは前項各号のいずれかに該当する行為をし、又は第1項にもとづく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合、会員、カード使用者及び連帯保証人の保有する乙が発行するすべてのカードについて通知・催告等をせずに会員資格を取消すことができるものとし、乙と会員、カード使用者及び連帯保証人とのその他の取引についても通知・催告等をせずに解除することができるものとします。

第19条(マネー・ローンダリング及びテロ資金供与の防止)
1.会員(本条においては入会申込者を含む)、カード使用者及び連帯保証人は、現在、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
(1)テロリスト等、日本政府又は外国政府、国際機関等が経済制裁の対象として指定する者
(2)その他前号に準ずる者
2.会員、カード使用者及び連帯保証人は、自ら又は第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを確約します。
(1)マネー・ローンダリング、テロ資金供与、経済制裁関係法令等に抵触する取引に利用され、又はそのおそれがあると疑われる行為
(2)その他前号に準ずる行為
3.乙は、会員、カード使用者及び連帯保証人の情報及び具体的な利用内容等を適切に把握するため、提出期限を指定して各種確認や資料の提出を求めることができるものとします。会員、カード使用者及び連帯保証人から正当な理由なく指定した期限までに回答がなかった場合、カード利用を一時的に停止することができるものとします。
4.前項の求めに対する会員、カード使用者及び連帯保証人の回答、具体的な利用内容、会員、カード使用者及び連帯保証人の説明内容並びにその他の事情を考慮して、乙がマネー・ローンダリング、テロ資金供与、若しくは経済制裁関係法令等への抵触のおそれがあると判断した場合、カード利用を一時的に停止することができるものとします。
5.前二項の定めによるカード利用の一時的な停止は、会員、カード使用者及び連帯保証人からの説明等により、マネー・ローンダリング、テロ資金供与、又は経済制裁関係法令等への抵触のおそれが合理的に解消されたと乙が認める場合、乙はカード利用の停止を解除するものとします。
6.乙は、会員、カード使用者及び連帯保証人が第1項各号のいずれかに該当し、若しくは第2項各号のいずれかに該当する行為をした場合、第1項にもとづく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合、又はカードその他の取引がマネー・ローンダリング、テロ資金供与、経済制裁関係法令等に抵触する取引に利用され、若しくはそのおそれがあると合理的に認められる場合、そのすべてについて通知・催告等をせずに会員資格を取消し、又は解除することができるものとします。

【ロイヤルホームセンタープロカードポイントシステム規約】
第1条(目的)
ロイヤルホームセンター株式会社(以下「当社」という)とSMBCファイナンスサービス株式会社との連携により発行する「ロイヤルホームセンタープロカード」(以下「カード」という)のロイヤルホームセンタープロカード会員規約第2条第1項に定める会員及び、同条第2項に定めるカード使用者に提供する特典「ロイヤルホームセンタープロカードポイントシステム」(以下「ポイントシステム」という)の内容とその特典を受けるための条件等を定めたものです。
※本規約で特段の定義がされていない限り、ロイヤルホームセンタープロカード会員規約での用語と同義とします。

第2条(ポイントシステムの内容)
1.ポイントシステムとは、カードの会員及びカード使用者に対し、当社指定の店舗を利用の場合、「ロイヤルホームセンターポイント」(以下「RHCポイント」という)を付与する特典です。
2.カードの会員資格を喪失した場合は、ポイントシステムを利用することができません。

第3条(会員特典)
1.会員及びカード使用者は、当社指定の店舗において商品の購入およびサービスの提供を受ける際に、カードを提示して、クレジットカード、現金等の当社が指定する方法 でお支払いいただいた場合に、商品の購入代金またはサービスの利用料金に応じて当社がRHCポイントを会員に付与します。なお、カードの提示がない場合は、特典を受けることができません。
(1) RHCポイントの付与
1)商品の購入代金またはサービスの利用料金200円(消費税抜き、200円未満は切捨て)ごとにRHCポイント6ポイント(基本ポイント1ポイント+加算ポイント5ポイント)が付与されます。
2)付与されるRHCポイントは、親カード及び使用者カード共通のRHCポイントとして合算され、親カードに集約・累積されるものとします。
3)当社指定の一部の店舗、当社が指定するセール期間中、一部の指定商品やサービスはRHCポイント付与対象外とします。
(2) RHCポイントの付与日
前号のRHCポイントは、カード利用の都度、付与されます。当社指定のキャンペーンポイント等一部のポイントは当社が指定する日に別途付与させていただきます。
(3) RHCポイントの利用
1)累積されたポイントは、会員又は会員が許可したカード使用者が当社指定の一部店舗で利用でき、商品の購入等の支払代金にRHCポイント1ポイントを1円として1ポイント単位で利用できるものとします。
2)リフォーム・エクステリア工事、設備の交換・取付サービス「ロイサポート」の支払代金には商品代を含めRHCポイントは利用できません。
3)はがき・年賀状およびその印刷代、クオカードや商品券、家電リサイクル料、その他当社が指定する一部の商品ならびにサービスの支払代金にはRHCポイントは利用できません。
(4) RHCポイント残高の確認
新たに付与されるRHCポイントならびに、蓄積されたRHCポイント残高は、商品の購入等で発行されるレシートで確認できます。
(5) RHCポイントの返還
会員およびカード利用者が商品の購入等の取消や返品をしたことにより、お支払い代金の全部または、一部が取消された場合、返金金額に応じRHCポイントを当社所定の方法で返還いただきます。なお、返品等をする場合は、当該商品等を購入時に提示したカードおよびレシートが必要です。
(6) RHCポイントの有効期限
1)毎年1月から12月31日までに加算されたRHCポイントは、翌年12月31日まで有効とします。
2)有効期限を超えた未使用のRHCポイントは、自動的に失効します。
3)失効したRHCポイントは、いかなる理由があっても再付与は致しません。
2.その他会員特典及びその詳細については、カード入会申込書付帯のパンフレットもしくは、当社ホームページでご確認ください。

第4条(規約の変更)
当社は、会員への事前の通知、承諾なくして本規規約を変更できるものとし、会員は予めその旨を承認するものとします。

第5条(特典の中止)
当社は、いつでも会員特典の全部又は一部特典の提供を中止することができるものとします。

第6条(退会又は会員資格喪失)
会員がロイヤルホームセンタープロカード会員規約第11条により会員資格が喪失した場合は、第3条で定める会員特典の全てについて適用されないものとします。なお、喪失時点までに蓄積されたRHCポイントはすべて失効するものとします。

第7条(ポイントシステムに関する義務等)
会員は、本規約に基づく権利及び義務について、これを第三者に貸与・譲渡・担保提供、又は相続させることはできません。

※本規約についてのお問合せは、下記お問合せ窓口までご連絡ください。
●ロイヤルホームセンター株式会社 お客様相談センター
〒263-0004 千葉県千葉市稲毛区六方町75番1
電話:0120-25-6186 (9:00〜18:00 1/1休)

会員資格が失効すると、会員専用ページが利用できませんのでご了承ください。