仕事について
リフォーム事業部 千葉北営業所 リーダー
池ノ上 未紅
2017年入社

リフォーム担当のプロとして認められ、
周囲から頼りにされる存在でありたい。

仕事内容・
やりがいは?

お客様の住まいの悩みを解決できること。

給湯器や水洗トイレ、コンロなどご自身での交換が難しい住宅設備のリフォームをお手伝いするリフォーム部門の受付カウンターでお客様と接するようになり、半年以上が経ちました。工事を伴うケースがほとんどなので、お客様にとっては決して安い買い物ではありません。そのため、どのようなリフォームをご希望なのかをしっかりお聞きして、それを実現するまでのプランを作り、ご提案する必要があります。
例えば給湯器の交換をご希望の場合、まず工事を請け負う担当者に現場調査を依頼し、費用の見積もりを提供してもらいます。それに基づき商品の価格などを綿密に調べて最終的な見積もりを作り、お客様にご提案。ご納得をいただければ契約にいたります。その後、工事と商品を発注し無事に工事が終わり、最終的に売上の事務処理をするまでが私の担当です。お客様のニーズは本当に幅広く、それによってリフォームの規模が大きく変わってきます。長く住み続ける家の問題は、お客様にとってとても大きな悩み事ですので、それを解決するお手伝いができるのは本当にやりがいがあります。

一番印象に
残っている仕事は?

苦労して掴んだ、初めての大口契約。

お客様にとってはリフォームの担当者がたとえ新入社員であっても、その方面のプロと考えて当社のカウンターに来られます。ですが私はまだ経験が浅いため、ご相談の内容が高額になればなるほどより慎重な対応が求められます。最近ご契約をいただいたばかりの物件ですが、レンジフード、ビルトイン式コンロ、給湯器、食器洗い機、水洗トイレなどの交換という多岐にわたるリフォームのご要望で、最終的な見積もりを作るのに数週間もかかってしまいました。初めて扱う商品が多く、工事についても知らないことだらけで、困惑と緊張の連続。上司や先輩のアドバイスを受け、施工担当者に工事に関わる費用や施工日数について念入りに確認し、さらにメーカーにも商品の問い合わせをするなど丁寧に作業を進めたため、時間がかかってしまったのです。しかしその結果、お客様にご納得いただける提案ができ、ご契約いただけたときはとても嬉しかったです。私にとって、とても良い経験になりました。

今後の夢は?

貪欲に商品知識を身につけたい。

どうすればお客様にご満足いただけるリフォームを実現できるか。私はその答えはお客様のご要望のお声にあると考え、リフォームに関する悩み事や疑問にできるだけ耳を傾けるように心掛けています。こちらから商品について一方的に説明するのではなく、あくまでリフォームのコンサルタントあるいはお悩みの相談相手としてお客様と接するようにしています。例えばこちらから「何年くらいご利用ですか」「いま何でお困りですか」などとお尋ねし、どこに問題を抱えていらっしゃるのかを探る場合もあります。また、お客様から寄せられる多種多様な相談事や質問にお答えするために、先輩に尋ねたりメーカーの担当者に問い合わせることはもちろん、可能な限り自分で調べ、知識を身につけるようにしています。そうして問題の原因を把握した上で具体的なプランを提供できれば、お客様にとって満足度の高いご提案ができるのではないかと考えています。しかしそれには商品・施工知識の幅広さ、そして奥深さをもっと磨く必要があります。そうした知識を身につけるため、日々の努力以外にメーカー講習や社内研修に参加して貪欲に学ぶよう心掛けています。
入社して1年目の日々は慌ただしく過ぎようとしています。学ぶこと、身につけることはまだまだ無数にあります。学生時代から志望していたリフォームの仕事ができている喜びを改めて感じつつ、この充実した日々の中で自らをもっと高めていきたいと思います。

1日の
仕事のスケジュール

  • 8:15
    出勤。朝礼。開店準備のためルーティンをこなす。
  • 9:00
    部門朝礼。メールチェック。
    リフォームカウンターで接客。お客様がまばらな時は、
    契約の見積書作成などの事務作業に従事。
  • 13:00
    昼食。
  • 14:00
    リフォームカウンターで接客業務。お客様からご相談を受け、提案書の作成準備。
  • 16:30
    社員夕礼。
  • 17:00
    引き継ぎ事項を確認して
    遅番スタッフにバトンタッチ。
  • 18:00
    退勤。
entry