お役立ちコラム

日差しの調整や洗濯スペースの確保ができる
「テラス」や「サンルーム」

リビングや個室に日差しが入りすぎて眩しい、室内が暑すぎる、かといって窓の外側によしずなどを掛けると暗くなってしまう…という悩みは多いものです。日本の住宅は東面や南面にリビングや個室を配置することが主流なので、どうしてもこんな悩みが起こりがちですね。

暗くならない程度に日差しを調整してこうした悩みを解消しながら、洗濯物を干すスペースなどとして活用できるのが、テラスやサンルームです。1~2畳のスペースをテラスやサンルームにするだけで、設置しない場合と比べてさまざまなメリットがあります。

今回は、日差しの調整や洗濯物を干すスペースとして人気が高いテラス・サンルームのメリットや設置時の注意点についてご紹介します。

日差しの調整や洗濯物を干すスペースについての悩みとは?

強い日差しが常に入ってくると、まぶしさや室温の調整にも気を使いますね。特に高齢者や小さな子どもがいる家庭では、日中にリビングや個室で過ごす時間が長いだけに、日差しの調整は切実な悩みになりやすいです。

また雨の日や花粉シーズン、PM2.5や黄砂が飛散する日などはできるだけ室内で洗濯物を干したいもの。とはいえ室内に物干しスペースを確保するのが難しい場合や、スペースは確保できても邪魔になって過ごしにくさを感じるのも悩ましいところです。

こうした悩みを解消するために、今の間取りをリフォームで改善するという方法があります。しかしできればもっと手軽に、そして低予算で解消できるとうれしいですよね。
そういったケースで検討したいのがテラスやサンルームを設置するという方法です。

テラスやサンルームを設置するメリットにはどういったものがあるのでしょうか。

テラスやサンルームを設置するメリットは?

設置のメリットを知る前に、テラスとサンルームの違いを簡単につかんでおきましょう。

テラスとは正確にはテラス囲いをさします。基礎を打たず、ポリカーボネート製の屋根やガラスの壁面を柱や補助柱で支えたものです。簡易的な構造なので建築物とはみなされません。

対してサンルームは、基礎をきちんと打って一室として設置するものです。建築物の構造体とみなされる構造なので、耐久性にすぐれています。また、屋根はポリカーボネート製で、遮熱や遮光を選べます。

テラスやサンルームを設置するメリットは、住宅に直射日光が入るのを防げるという点です。庭側にスペースが出っ張るためリビングや個室に直射日光が入りづらく、しかし明るさは確保できます。

また、洗濯物を干すスペースとしても使えます。雨の日でも気にせず干せますし、外出中に雨が降ってきても洗濯物がぬれる心配をせずにすみます。
共働き家庭で洗濯物を取り込む時間が夜になる場合でも安心して使えますね。

さらに洗濯物を干すスペースとしてだけでなく、ペット専用のスペースやセカンドリビングとして使うことも可能。リビングの床を傷つけたくない場合は重宝しますし、間取りを変更するよりも手軽にリビングや個室を広げられるので開放感が高まります。

そしてリビングや個室にテラスやサンルームを設置することで、リビングや個室の断熱性が高まる効果もあります。いわゆる二重サッシのような状態になって冷たい外気に触れなくなるため、室内が暖かい状態をキープできます。
テラスやサンルームを設置するメリットは、このようにいろいろあるのです。

テラスやサンルームを設置する時に注意することは?

設置によって日常生活がより快適になりそうなメリットがたくさんあるテラスやサンルーム。ですが、設置を検討する際は次のような項目に注意して検討しましょう。

まず、テラスやサンルームで、ガラス張り部分の面積が多いものは、夏場はスペース内が高温になりがちです。洗濯物を干すスペースとして使うだけならいいのですが、ペットスペースやガーデニングスペースとして使う場合は要注意。
換気をするなどして温度調整を行う必要があります。

テラスはメーカーの規格商品なので商品のサイズが決まっていますが、商品や現場によって大きいものを小さく加工するなど調整ができる場合もあります。オーダーで寸法調整をする場合は、費用が高くなり納期も長くかかりますから、予算や工期との兼ね合いをよく考えましょう。

そしてサンルームの場合、先にも述べたように建築物の構造体扱いとなるため、固定資産税がかかります。

屋根はポリカーボネート製のものであれば、紫外線対策としてUVカットができ、室内に明るい光をもたらしながら暑さを抑えることができます。さらに汚れを防ぐ機能も選べますので、そのような点も押さえておくと良いでしょう。

(参考)http://www.lixil.co.jp/lineup/gardenspace/sunnyge/feature/various/

こうした設置前のチェック項目がクリアできるなら、日差しを有効に活用できる、生活スペースを少し増やせるなど、テラスやサンルームは設置するメリットがかなり大きい設備です。

エクステリアメーカーからいろんなタイプのテラスやサンルームが発売されていますから、機能だけでなくデザインや広さなどもあわせて比較検討してみてくださいね。

設置場所、商品によって設置出来ない場合がございます。現地調査は無料となっておりますので、ますはお気軽にリフォームカウンターまでご相談くださいませ。

リフォーム施工取扱店舗はこちら

リフォームで楽しむ新しい暮らしお役立ちコラム一覧へ戻る

  • ロイモール
  • シニアパスポート
  • LINE@友達募集中!!
  • ロイサポート