お役立ちコラム

一部分から始められるバリアフリーのススメ

新築してから年数が経ってくると、住んでいる家族も年を重ねてくることで家に求める機能が変化してきます。足腰が動きにくくなってきたり視野が狭くなったりしますから、暮らしやすい家にするためのリフォームが必要になるケースが増えてくるのです。

とはいえ、大規模なリフォームに踏み切るのは迷うもの。そこでおすすめしたいのが家の一部分だけを対象としたバリアフリーリフォームです。今回は、部分的なバリアフリーリフォームのメリットとおすすめの工事内容について紹介します。

バリアフリーは家全体でなくとも、部分リフォームから始められる

普段は意識していなくても、実は家のあちこちには段差が存在します。廊下とリビングや個室との境に敷居が飛び出していたり、洗面室と浴室の床面の高さが違ったり、築年数が経っているほどこうした段差がある構造になっています。

年齢を重ねてくると人は自然とすり足に近い状態で歩くようになりますから、こうした段差があると歩きにくくなり、つまずいたりするようになって、家庭内事故の原因になることも少なくありません。転倒や落下などによる怪我を防ぐためにも、こうした段差がある部分だけをリフォームするのが部分的なバリアフリーリフォームです。

バリアフリー化は、段差がある箇所だけ集中してリフォームしますから、大規模な工事は必要ありません。比較的小規模な工事で対応できます。

どこをバリアフリーにするとより快適に暮らせる?

築30年以上経った家だと、家の中のあちこちに段差があるはずです。これらすべてを工事できれば快適性はもちろんアップしますが、大掛かりな工事になってしまう可能性があるので迷うという人も多いでしょう。

バリアフリーリフォームの基本的な考え方として押さえておきたいのは、「よく使う場所を暮らしやすくする」ということ。毎日過ごしたり通ったりする場所を重点的に対処すると、部分的なリフォームでも使い勝手がぐんと上がります。

バリアフリーをおすすめしたいのは玄関まわり、廊下と各部屋の境、水まわり空間です。いずれも毎日過ごしたり通ったりする場所ですから、バリアフリー化しておくと家族にお年寄りがいても安心ですし、将来的に自分も住みやすくなります。

バリアフリーリフォームの具体的な施工例は?

できるだけ費用を抑えつつ、効果的なバリアフリーリフォームをするために、前述したおすすめの箇所を重点的に工事するのがおすすめです。具体的な内容についてまとめてみました。

玄関まわり

家には基礎があるため、玄関が敷地と同じ高さになることはありません。敷地と玄関ポーチに数段の段差があって玄関につながっていますので、この数段の段差を解消すると通りやすくなります。

介護が必要になった時車いすでも通れるように一部をスロープにするケースが多いですが、自力で歩けるうちはあえて段差を上り下りしたほうが足の筋力の衰えを防ぐので、段差はそのままで手すりを新設する場合もあります。また、玄関から廊下にかけての上がり框の部分も、壁に手すりをつけておくと便利です。

廊下と各部屋の境

築年数が経っている家の場合、新築時にはバリアフリーという概念がなかったこともあって、廊下と各部屋の境に段差がつけられていることが多いです。廊下と部屋の床がいずれもフローリングなら、建具枠の交換や床の部分補修で段差をなくすことができます。廊下と和室が隣接している場合は、フローリング材と畳の厚みが違うため、和室の床を張り替えるかミニスロープを設置して段差を解消させるのが簡単です。

さらに、建具が開き戸なら引き戸にリフォームするのもいいでしょう。段差がなくなる上に開口幅も広くなるため、車いすでも余裕を持って出入りできます。

水まわり

浴室やトイレといった水まわりは、毎日使う場所なのでぜひバリアフリーにリフォームしておきたい箇所ですね。既存の浴室の床に敷いて洗面室との段差を埋めるすのこ材を使うのがもっとも簡単です。ただし掃除をしにくい、裏面にカビが生えやすいといったデメリットがあります。

在来の浴室を使っているなら、思い切ってシステムバスにリフォームするのもひとつの方法です。出入口の段差が解消するだけでなく、浴室内が断熱仕様になるため暖かく、ヒートショックを防げます。脇にベンチが付いた浴槽を選ぶと入浴しやすいですし、出入口や浴槽の横に手すりをつけることで転倒を防げます。

トイレについては、立ち座りの時に使いやすい位置に手すりを追加するというリフォームがもっとも手軽です。体をしっかり安定させたいなら、便器の周囲にセットするタイプの手すりの設置や、立ち座りをサポートするために高さが変わる昇降便座を選ぶといいでしょう。

また、車いすでの利用を見越して出入口を広めにとることも重要です。引き戸にして開口幅をゆったり取れるようにしておくのがおすすめです。

その他の軽微なバリアフリーリフォーム

これまでに挙げたリフォーム以外に気軽にできる工事としては、家の中の照明器具をLED照明に交換する工事があります。 リビングや寝室などくつろぐ空間には、照明の光の色と明るさを自由に変えられるタイプにしておくと、過ごし方に合わせて変更できて便利です。また長寿命ですから、蛍光灯よりも交換頻度が少ないのもおすすめです。

部分的なバリアフリーリフォームのよさは、その時に必要な機能を追加していけるというフレキシブルなところです。一般的なリフォーム工事よりも工事期間を短縮できますし、費用も抑えられます。

より暮らしやすい家へとアップグレードしていく方法として、部分的なバリアフリーリフォームをぜひ検討してみてください。

リフォーム施工取扱店舗はこちら

リフォームで楽しむ新しい暮らしお役立ちコラム一覧へ戻る

  • ロイモール
  • ロイサポート