LGBTQに関する取り組み
人権擁護への取り組み

LGBTQに関する取り組み

SDGsのゴール

ジェンダー平等を実現しよう

ロイヤルホームセンターでは、LGBTQに関する啓発活動を通して、従業員のSOGIに対する理解を深め、性別や性的指向、性自認、性表現に関わる差別を排除します。
従業員が安心して働ける、お客様が安心してご来店いただける、お取引先様が安心してご訪問いただけるホームセンターであることを目指し取り組んで参ります。



「PRIDE指標2023」でブロンズを受賞
ロイヤルホームセンターでは、ダイバーシティ&インクルージョンを推進しており、活動の一環として、全従業員に対する教育や、情報提供などを実施してきました。
このたび、これらの取り組みが認められ、職場におけるLGBTQに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標」におきまして、2022年から2年連続となる「ブロンズ」を受賞しました。
今後もロイヤルホームセンターでは、SDGs達成に向け多様な人財が活躍できる職場環境の構築を推進してまいります。


(PRIDE指標とは)
2016年に任意団体「work with Pride」が日本で初めて策定した、職場におけるLGBTQに関わる取り組みの評価指標のことで、LGBTQの方が働きやすい職場づくりを目的としています。
この「PRIDE指標」は5つの項目から出来ており、企業の取り組み内容に応じてレインボー、ゴールド、シルバー、ブロンズの4段階で採点されます。
1.Policy (行動宣言)
2.Representation (当事者コミュニティ)
3.Inspiration (啓発活動)
4.Development (人事制度・プログラム)
5.Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)

(参考)「work with Pride」webサイト:https://workwithpride.jp/