お役立ちコラム

ライフスタイルの変化に合わせて自宅の収納も一工夫!
~押入れをクローゼットへリフォームして快適収納!~

住宅に対する不満として多いのが「収納スペースが少なくて物が入りきらない」というお悩みです。住み始めた頃はこれだけ収納スペースがあれば大丈夫と思っていたはずなのに、生活しているうちに物が増えたりライフスタイルが変わったりすると、どうしても収納スペースが不足しやすくなってきますね。

収納スペースに関する悩みを解決する方法にはいろいろありますが、整理整頓をするといったことだけでなく、収納スペースの使い勝手を見直すことも重要です。特に効果的なのは押入れを使いやすくするという方法です。
今回は、収納に関する悩みの種類と解決法、そして押し入れの効果的な改善方法についてご紹介します。

収納に関する悩みで多いのは?

住宅に関する悩みの中で常に上位に挙がるのは収納に関する悩みです。こまかな点は個人差があるものの、共通しているポイントもあります。例えば、収納に困っている「場所」としては、キッチンや押入れ、リビングが多いのではないでしょうか。
また、収納に困っている「物」の種類としては、衣類や雑貨類、趣味に関するもの、子供のおもちゃなどが考えられます。
これらは寝室や個室、納戸やクローゼットといった場所に収納したい物です。

つまり、収納に困っている場所としてよく挙がる「押入れ」を改善することが、収納に困っている「場所」と「物」の両方に対応できると言えるでしょう。

収納の悩みの変化に合わせて収納スペースをアレンジしていく

収納の悩みを解決する方法としてよく整理整頓や断捨離が挙げられますが、実はそれらを単独で行ってもあまり意味がありません。なぜなら一時的に物が少なくなるだけで収納そのものが完了しているわけではないからです。

物を整理した上で、さらにあふれている物を収納できるように今ある収納スペースをより効率的に使えるよう改善する。これがもっとも有効な方法です。

また収納に対する悩みは常に同じではありません。夫婦二人の時期、子どもを育てる時期、子どもが独立して再び夫婦だけになった時期など家族構成やライフスタイルが変わると収納に対する悩みも変化していきます。
それは自然なことですから、変化に合わせて収納スペースをアレンジしていけばいいのです。

そこで注目したいのが押入れ。比較的大きなスペースだけにリフォームの効果も得られやすいと言えます。

押入れ収納の問題点とは

一般的な押入れは、幅と奥行がほぼ1畳あります。さらに床から180㎝程度の高さがありますから、収納スペースとしてはかなり広いですね。

しかし収納スペースとして活用するには、ただ広いだけではなく効率的に使えるかという点が重要です。その視点でいくと押入れは使いづらい点がいくつかあります。

まず本来ならメリットになりそうな奥行の深さがデメリットになっていることがよくあります。収納は取り出しやすさが求められますが、80㎝という押入れの一般的な深さは奥に物が入り込みやすい深さです。
また中段という高さ90㎝前後の位置にある段があるために、背の高い物を入れづらくさせています。昔は布団で寝る生活でしたから布団を収納するスペースが必要でしたが、ベッドで寝る生活が一般的な現代では布団の収納スペースをメインに考えるのは避けた方がいいでしょう。

押入れをクローゼットにリフォームするメリットとは

押入れ収納の問題点を考えると、「押入れをクローゼットにリフォームして衣類を効率よく収納する」という方法が悩みを解決できるおすすめの方法のひとつということになりますね。

衣類は吊って収納する形がもっとも使い勝手がよくなります。成人の衣類をハンガーパイプに吊って収納する場合、肩幅に少し余裕を加えた70㎝程度の奥行が必要です。またコートやワンピースなど長さのある衣類を収納するためには高さも必要です。
押入れはこうした条件をそのまま満たしているため、内部だけをリフォームすればクローゼットにすぐ作り変えられるのです。

また押入れは個室や寝室に設けてあることが多いもの。個室や寝室では着替えをしますから、そんな場所の収納が効率的に使えたら物がすっきりしまえるだけでなく使い勝手もよくなりますね。

押入れタイプ別解決策

では押入れをクローゼットにリフォームする場合のタイプ別解決策を簡単にご紹介しましょう。

押入れが1ヶ所だけ独立している場合

シンプルなクローゼットにリフォームしましょう。ふすまの代わりに左右に開く折れ戸にすると大きく開口するので取り出しやすくなります。中段は取って長い衣類も吊ることができるようにするといいでしょう。

押入れが2ヶ所並んでいる場合

クローゼットを2ヶ所にリフォームする方法の他に、1ヶ所はクローゼットとしもう1ヶ所はシステム収納などを導入する方法もおすすめです。引き出しや棚を設置すれば、セーターやシャツなどたたんで収納したい衣類やバッグ、帽子、スカーフといった小物もしっかり収納できます。

押入れは広さを持て余してしまい使いこなせていないケースがよくありますがもったいないですよね。しっかり活用できるよう、ライフスタイルに合わせたリフォームを検討してみてくださいね。

リフォーム施工取扱店舗はこちら

  • ロイモール
  • シニアパスポート
  • LINE@友達募集中!!
  • ロイサポート