仕事について
西宮中央店 ワークウェアショップ リーダー
與市前 秀
2015年入社

考える仕事・創意工夫する仕事に、
無我夢中で取り組んでいる。

仕事内容・
やりがいは?

作業服はスタイリッシュでカッコいい。

現在、西宮中央店のワークウェアショップのリーダーとして充実した日々を送っています。ショップは作業服・安全靴など文字どおりワークウェアに特化した専門売場で、作業用品に関わるすべての商品をラインナップしています。皆さんが思っている以上に作業服は進化しています。一言で言えば、スタイリッシュでカッコいい。しかも素材やカッティング・縫製の技術開発が一段と進んだ結果、これまで以上に着やすさ・フィット感が向上し安全で快適な作業を可能としてくれています。
西宮中央店のワークウェアショップでは他のショップと違い、お客様に積極的にアプローチし様々な要望をお聞きするよう心掛けています。何が求められているのか、どんな商品が必要とされているのか。こうした情報を収集し新たな商品開発に活かしています。また他店では入手できない商品を調達しお客様の要望にお応えしているのも大きな特長です。自社ブランド以外の商品も数多く取り揃え、トータルなコーディネートでお客様のニーズにお応えできるよう、またショップのリーダーとしてスタッフたちと力を合わせ素晴らしい売場を実現できるよう頑張っています。お客様の隠れたニーズを掘り起こし「こんなワークウェアはいかがですか」といった提案型のビジネスモデルを作れたら最高です。

一番印象に
残っている仕事は?

仮説・実施・検証・改善を積み重ね、顧客満足度を高めていく。

西宮中央店のオープニングメンバーのひとりとして参加し、担当のワークウェアショップの準備だけでなく、新店全体の起ち上げに直接携われたことはとてもラッキーでした。予定どおり新店がオープンしたときは感動しましたし、この経験はきっと自分の財産になると思っています。売場のコンセプトも従来のホームセンターに見られない斬新なものなので挑戦のしがいがありますね。
売場づくりは仮説を立てることから始まります。商品の選択と組み合わせをどうすればお客様の注目を集めることができるか。商品構成だけでなく展示の仕方もアイデアを凝らしてお客様に見ていただく。その結果が有効であればさらにブラッシュアップします。反対にうまくいかなかったら別の仮説を立て実施します。この繰り返しの中で「成功の法則」を見つけられれば、お客様の購買ボリュームを最大化できるでしょうし販売の効率も上がるわけです。商品のコンビネーションを少し変えるだけで今まで売れなかった商品が売れることも珍しくありません。発見があるから面白い。考える仕事・創意工夫する仕事に今は無我夢中です。

今後の夢は?

様々な業務を経験して成長したい。

直近の目標としてはワークウェアショップの認知度を高め、売上に反映させることです。そのためにより一層専門知識を身に付けて、コミュニケーション能力に磨きをかける必要があります。また店舗の仕事に精通できたら、まったく分野の異なる業務にもチャレンジしたいと思っています。例えば本部のバイヤー。売場での経験を活かせるバイヤーって魅力的じゃないですか。もちろんバイヤーだけにこだわるつもりはありません。いろいろな業務を経験してホームセンターパーソンとして大きく成長したいです。その点でロイヤルホームセンターに入社して良かったと思っています。というのもロイヤルホームセンターは社員自ら「これがしたい」「このことに挑戦したい」を発信すれば予想以上にレスポンスが早い。その典型的な一つが私自身参加した米国研修です。自分から進んで課題を見つけ挑戦したい社員に応えてくれる会社、それがロイヤルホームセンターです。ホームセンターは「住まい」に大きく関わっており人の暮らしに役立っています。職場環境は良好で福利厚生も充実しています。私たちと一緒にキャリアの高みを目指しませんか。みなさんの挑戦をお待ちしています!

1日の
仕事のスケジュール

  • 8:30
    出勤。朝礼。ワークウェアショップの整理整頓。
  • 9:00
    リビングスタッフさんの朝礼。昨日の売上チェックなど一連のデスクワークに従事する。
  • 10:00
    売場での忙しい仕事が始まる。スタッフに様々な指示を出す。お客様からの注文の確認と対応。
    在庫商品の確認を依頼したり、的確な作業指示に努める。
  • 14:00
    ランチタイム。
  • 15:30
    仕事を終えた職人さんたちが来店。接客し情報を収集。教えられることがとても多い。
  • 18:00
    退勤。
entry