お役立ちコラム

リフォームでエコ給湯~エコキュート~

キッチンや浴室、洗面所などでお湯を使う際に使う給湯器。冬場はもちろん夏場でもシャワーや浴槽へのお湯はりで毎日使うものですから、ランニングコストがかかる古いタイプだと光熱費が上がってしまいます。
最近はどの熱源の給湯器もランニングコストを抑えるタイプが出てきましたが、さらにエコなタイプを求めるならエコキュートがおすすめ。給湯器とエコキュートの違いやエコキュートを導入するメリットについてご紹介します。

給湯器の種類

給湯器には熱源によって石油・ガス・電気の3種類があります。
石油給湯器はランニングコストが安いのが魅力で特に寒冷地では多く設置されています。しかし自分で給油する手間がかかる点や使用時に灯油が燃焼する臭いがする点はデメリットと言えます。

ガス給湯器は都市ガスやプロパンガス、天然ガスを熱源としたタイプでもっとも普及している給湯器です。燃焼部分が劣化するまでは安定して使うことができます。使用開始時の運転音が大きいため、寝室などに近い場所に設置するのは避けた方がいいでしょう。またガス管が凍結しやすい寒冷地ではあまりおすすめできません。

電気給湯器は一気にお湯を沸かしてタンクに貯めるタイプです。オール電化住宅だと電気料金が安い夜間電力を使うことでランニングコストを大きく下げることができます。ただし使用するお湯の量が増えると電気料金が高い日中に沸き増しをしなければいけないため、家庭全体の使用量に合った号数を選ぶ必要があります。

また給湯のシステムとしては2種類あります。

石油やガスを熱源とする給湯器は瞬間式です。蛇口をひねってお湯を出すその瞬間に燃焼部分が作動してお湯を作り出すというタイプです。

対して電気熱源の給湯器は貯湯式です。あらかじめ沸かしたお湯をタンクに貯めておいて、蛇口をひねるとタンク内のお湯が出てくるというタイプです。

エコ給湯器とは?

最近はエコタイプの給湯器も出てきました。石油式だと「エコフィール」、ガス式だと「エコジョーズ」、電気式だと「エコキュート」とよばれるもので従来の給湯器よりも熱効率が高くなっています。

エコフィールやエコジョーズは、従来の給湯器が燃焼する際に排出していた熱を予熱として使用します。対してエコキュートは、空気中の熱を回収して燃焼時の熱源の一部として使うタイプになります。

より適した給湯器の選び方は?

エコ給湯器の中でよく知られているのはエコキュートですが、生活スタイルによってはエコフィールやエコジョーズの方が適していることも少なくありません。
自分の家庭ではどのタイプが適しているのかを検討できるよう、それぞれの商品の特徴について見ていきましょう。

エコキュートは電気熱源の給湯器のエコタイプです。深夜電力を使ってお湯を沸かし、貯めておくことができます。深夜電力の料金は昼間の電気料金の約1/3ですからランニングコストをぐっと下げることができます。大容量のお湯を沸かすにはたくさん電気を使いますから、電気代が安く設定してある時間帯を使うのは経済的ですね。

対してエコジョーズはガス熱源の給湯器のエコタイプです。先ほども少し触れたように、これまでは排出していた熱を回収して再利用しますから、使用するガスの量を減らすことができます。

エコフィールは石油熱源の給湯器のエコタイプです。エコジョーズとしくみはほぼ同じで、これまで排出していた熱を回収して再利用するため、使用する灯油量が一般の石油給湯器よりも少なくなります。

ガスには電気のように深夜割引といった考え方はなく、24時間常に同じ使用料金です。対して電気は約1/3という深夜電力を使うことができます。また灯油は市場価格に影響されますが、急激に価格が上がることは考えにくく安定しています。

それぞれのランニングコストの差は家族の人数や生活スタイル、使用頻度などによって異なりますから、一概にどのタイプの給湯器が安く抑えられるかは難しいところです。
ランニングコストももちろん大切ですが、使い勝手のよさをポイントに選ぶ方が満足度は高くなるでしょう。

たとえば設置位置は見落としがちですが重要な部分です。
エコキュートは貯湯式ですから、庭やベランダに貯湯タンクを置くスペースとして約1畳分を確保する必要があります。また位置によってはご近所から丸見えということも多く、外観を気にする人にとっては抵抗があるかもしれません。
対してエコジョーズやエコフィールは本体がコンパクトですから、設置場所のスペース確保で悩むことはほぼないでしょう。

また蛇口をひねればすぐお湯が出せてお湯切れの不安がないのはエコフィールやエコジョーズです。
来客などが多い、急に子どもや孫が来たりして日々の使用量の変動が大きいといった場合、エコキュートだと沸かして貯めるお湯の量を一定に決めにくいことがあります。

我が家に適したエコキュートの容量の選び方は?

熱源にかかわらず、給湯器の号数は「水温+25℃のお湯を1分間に出せる量」をさしています。つまり16l出せる機種は16号、24l出せる機種は24号というわけです
ただしエコキュートの場合は貯湯タンクに貯められるお湯の量を表示していますので、タンクのリッター数で判断します。
1~2人の世帯なら300lタイプ、4~5人以上の世帯なら550lタイプを選ぶといいでしょう。

給湯器は水まわりのリフォームをする際に合わせて交換するのがスムーズですが、現在の給湯器が使いづらくなってきたら単体で交換することも可能です。長く使う設備機器ですから、ランニングコストをしっかり比較して機種を選んでくださいね。

リフォーム施工取扱店舗はこちら

  • ロイモール
  • シニアパスポート
  • LINE@友達募集中!!
  • ロイサポート