お役立ちコラム

毎日使うキッチンをオシャレで快適にリフォームするには?

改築やリフォームを考え始めた際にぜひ手を入れたい場所の上位に常にランクインするキッチン。どんなキッチンにしようかなと考えるだけでも楽しい場所ですね。単に設備を新しくするだけでなくデザイン性やメンテナンス性、そして見た目の統一感にもこだわりたいところです。そのためにおすすめしたいのが、収納スペースであるカップボードのリフォームも一緒に考えていくことです。

今回はキッチンとカップボードを一緒にリフォームした場合のメリットや、キッチン空間全体のリフォームを成功させる方法をご紹介します。

キッチンに不可欠な収納スペースこそリフォームの鍵!

キッチンリフォームというとすぐに思い浮かぶのはキッチン本体を新しくするというイメージでしょう。もちろんその方法でも、設備機器が新しくなるので満足はできますが、今やキッチンはただ料理を作る場所ではありません。
リビングダイニングと一体化した空間、つまりLDK空間全体のバランスを整えながらリフォームしていくのが基本です。

以前は独立型のキッチンが主流だったのが20年ほど前から対面型が普及し、最近は対面カウンターがないオープンキッチンやアイランドキッチンへとバリエーションが広がってきました。
こうした開かれたキッチン空間をリフォームでつくるとなると、リビングダイニングから見えるのはキッチン本体ではなく背面にあるカップボードやカウンター部分です。キッチンを新しいシステムキッチンにしても、カップボードが前のままだと見た目の差はかなり大きくなり、リフォームの効果が半減します。

またキッチンを交換するタイミングは新築時から15~20年後ですが、この間に家族構成やライフスタイルが変化してキッチン全体の使い方も変わってきているはず。調理作業をするキッチンと、食器や電化製品を置くカップボードやカウンターとを別々に考えず一緒にリフォームすることで、使い勝手においてもデザインにおいてもよりリフォームの効果を得られやすいでしょう。

どんなカップボードやカウンターにするといいの?

まず、今使っているカップボードやカウンターに食器や電化製品、ストック食品がきちんと収納できているかのチェックは必須です。収納量が足りないと思っているなら、カップボードやカウンターが所有量に対して小さいか、持っているだけで使っていないものが多いかのどちらかです。
不要なものは整理し破棄した上で、今のカップボードやカウンターと同程度のサイズでいいかどうかを確認することが大切です。

次にキッチン本体との色やデザインのバランスを考えましょう。天板と扉の色やデザインをそろえると統一感が出てスタイリッシュな雰囲気になります。今持っているカップボードやカウンターがまだ使えるからもったいないと思うかもしれませんが、リフォーム後にそれらを再度設置すると古さが目立つため、不満を感じる可能性が高いです。

キッチン空間は汚れや湿気が発生しやすい場所ですから、掃除のしやすさもポイントです。カップボードやカウンター側は汚れないというイメージがあるかもしれませんが、電化製品を使えば湿気は発生します。また食器やストック食品を取り出す際に扉に触れますから、指紋はどうしてもつきます。

こうした汚れや湿気をさっと拭きとれるよう、表面がなめらかな素材の扉を選んでおくといいでしょう。また天板も研磨すれば軽い汚れや傷が修繕できる人造大理石がおすすめ。電化製品を置くカウンターの上部に吊戸棚をつけるなら、その底面に蒸気に強いボードを張っておくと炊飯器からの蒸気でキャビネットが傷むのを軽減できます。

もしキッチンメーカーで組み合わせるカップボードやカウンターのプランで気に入るものがなければ、オーダーメイドで制作することも考えましょう。

オーダーですから「ゴミ箱スペースをカウンター下につくりたい」「カトラリー用の小さな引き出しをたくさんつくりたい」といった要望にも自由に対応できます。もちろんキッチンの天板や扉の色・柄に限りなく近い仕上げ材を選べば見た目の統一感はメーカー品と変わりません。

注文する前にショールームへ!

キッチン空間全体のリフォームを成功させるために忘れてはいけないのが、必ず現物を確認するということです。毎日何度も使う場所ですし、オープンキッチンのような開放的なプランにした場合は色や質感が好みかどうかは日々の生活の満足度に大きく影響するからです。

キッチン本体やカップボード・カウンターの幅や高さといったサイズはもちろん、扉や天板の色や質感はショールームやサンプルで確認することが不可欠です。

最近のメーカーショールームの展示は空間展示といって住宅の一部を模した形での展示に力を入れていますから、メーカー品でもオーダー品でもレイアウトや空間全体の広さを確認するために利用するといいですよ。

より理想に近いキッチンをリフォームで手に入れられるよう、これらのことをぜひ参考にしながら進めていってくださいね。

リフォーム施工取扱店舗はこちら

  • ロイモール
  • シニアパスポート
  • LINE@友達募集中!!
  • ロイサポート