• 対応エリア/店舗一覧
  • ロイサポートとは?
  • よくある質問
  • ロイサポートのチラシを見る
  1. ロイヤルホームセンターHOME
  2. ロイサポート
  3. 住まいのメンテナンスお役立ちコラム
  4. 温水洗浄便座の貯湯式と瞬間式の違いと選び方のポイントとは?

ロイサポート

住まいのトラブルは未然に防ごう
〜住まいのメンテナンスお役立ちコラム〜

温水洗浄便座の貯湯式と瞬間式の違いと
選び方のポイントとは?

住宅の中でリフォームしたい場所の上位にあがることの多いトイレ。「用を足すだけの場所だから狭くても暗くてもいい」というイメージが強かったトイレスペースですが、最近は生活を心地よくさせるために大切なスペースのひとつとしてこだわる人が増えてきました。
便器については快適性や機能性を重視する傾向が強くなり、商品がますますバージョンアップしてきています。中でも温水洗浄便座は、いまや外せない機能ですね。

温水洗浄便座には温水を供給する方法が主に2つあり、それぞれ特徴が異なります。今回は、トイレリフォームを考える前に知っておきたい温水洗浄便座の種類と選び方のポイントをご紹介します。

温水洗浄便座ってどんなもの?

一般的に言うトイレとは、便器と便座がセットになったものをさします。用を足す際に直接座る部分が便座です。

便座には主に
①ベーシックなタイプ
②便座部分が温かくなる機能があるタイプ
③便座部分が温かくなる上に温水が出ておしりを洗浄できる機能があるタイプ
の3つがあります。一般的に①は普通便座②は暖房便座、③は温水洗浄便座と呼びます。

②と③の違いは洗浄機能が付いてあるかいないかです。またどちらも100Vの家庭用コンセントが必要になりますが、③は水を使うため配管工事が追加で必要です。

温水洗浄便座にはどんな種類があるの?

温水洗浄便座は、温水の供給方法によって2つのタイプに分かれます。

貯湯式

温水を内蔵されたタンクに貯めておくタイプです。電気ポットをイメージするとわかりやすいです。本体価格が安価なのでリフォーム予算を抑えやすくなります。ただしお湯を常に温めながら貯めておかなければいけないため、ランニングコストがかかります。
また、一度の使用で大量に温水を使うと湯切れを起こしたり温水の温度が下がってしまう可能性があり、連続使用には向いていません。
そして水を保温し続けることで塩素が失われ、タンク内に雑菌が繁殖しやすくなるというデメリットもあります。

瞬間式

温水を洗浄時に瞬間加熱するタイプです。瞬間湯沸かし器をイメージするとわかりやすいです。貯湯式と比べると本体価格は高くなりますが、使う時だけお湯をつくるためランニングコストは抑えられます。
連続使用してもお湯を沸かし続けられるようになっているので、湯切れが起きたり温度が下がったりすることはありません。
また衛生面でも、瞬間的に水を温めている為、塩素が失われる心配は少なく、雑菌が繁殖しにくいと言われています。

温水洗浄便座の上手な選び方のポイントとは?

温水洗浄便座に2つのタイプがあるのは分かったけれど、自分の家にはどちらが合っているのか選ぶのに悩みますね。選び方のポイントとして次の項目をチェックしてみましょう。

使い方

温水洗浄便座は温水の供給方式によって使い勝手が変わります。たとえば家族の人数が多い場合は何人かが連続して温水を使う可能性がありますから、使いたい時にすぐ温水が出て湯切れが起きない瞬間式がおすすめです。1~2人暮らしで温水の連続使用はほとんどしないのであれば、本体価格が安い貯湯式の方がいいでしょう。

まずは日常生活でトイレをどのように使うのかを考えて、ストレスなく使えるタイプを選ぶとスムーズですね。

機能

温水洗浄便座の基本機能は、便座暖房と温水洗浄です。そして上位機種になっていくと脱臭できる機能や洗浄後に温風でおしりを乾かせる機能、座ると水道水のミストを便器ボウル面に吹き付けをおこなったり、ノズルを自動で洗浄・除菌する機能、ふたが自動で開閉する機能などが加わってきます。

ご家族に手や腰がご不自由な方がいる場合、温風乾燥機能があるとトイレットペーパーでおしりを拭く動作が少なくなります。また汚れを付けにくくしたり、自動で洗浄することでお掃除が簡単になります。そしてふたが自動で開閉すればその作業もせずにすむためトイレを使うのがかなり楽になりますね。
逆に、ふたの自動開閉機能をONにしていると便器内の掃除がしにくく、その都度OFFにするのが面倒なのでむしろ不要というケースもあります。

前の項目の「使い方」とリンクしますが、どんな機能があると使い勝手がいいのかを考えて選ぶことが大切です。

操作位置

温水洗浄便座にはいくつかの機能がついているため、操作ボタンが必ずあります。この操作ボタンが便座と一体になったタイプと、リモコンに分離されたタイプとがあります。

便座と一体になったタイプは、座った時すぐ横に操作ボタンがあるため操作しやすいですが、便器からはみ出るので掃除がややしにくい、見た目がスマートではないというデメリットがあります。

リモコン分離タイプは壁面にリモコンを固定するので見た目はすっきりしますが、壁に穴を開けて設置するので、座った時に操作しやすいか設置前に位置をよく確認しておく必要があります。

本体価格

本体価格は搭載された機能によって変わります。便座暖房と温水洗浄の基本機能がついた標準タイプでも十分なのか、トイレ空間を少しグレードアップしたいので他の機能がプラスされたタイプがいいのか、グレードによる機能の違いを比較して選びましょう。

トイレの使い勝手がぐんとよくなる温水洗浄便座は、比較的簡単に、また短期間のリフォーム工事で設置することができます。毎日使う場所ですから、リフォームするならより快適になる商品を選びたいもの。新規で設置する場合でも今ある温水洗浄便座を機種交換する場合でも、今の生活に合った機能と本体価格とのバランスをしっかりチェックして選ぶことをおすすめします。

温水洗浄便座の設置をはじめ、キッチンや浴室など、
蛇口の水漏れ修理や水周りのトラブル対策も、
年中無休・24時間電話受付も可能なロイサポートにお任せください。

現場調査・お見積りは無料です。

ロイサポートについて詳細はこちら

現場調査、お見積、出張料無料

住まいのメンテナンスお役立ちコラム一覧へ戻る

年中無休・24時間受付 0120-006186

上に戻る
ロイサポート 年中無休・24時間受付 0120-00-6186 ※対応エリアをご確認ください。
上に戻る