お役立ちコラム

バスルームのリフォームで冬の入浴も快適に。

入浴は本来快適なものですが、お風呂そのものが寒いと冬場の入浴はつらいですね。特に、家族に高齢者がいる場合はヒートショックによる事故にも注意しなくてはいけません。なるべく快適な入浴タイムを過ごすには、浴室そのものを快適なスペースへとリフォームすることが一番でしょう。
今回は、冬場の入浴時に起こりやすい事故や事故を防いで快適に過ごすための浴室の工夫、浴室リフォームのメリットや注意点についてお伝えします。

冬の入浴中に起きやすいヒートショックとは?

ヒートショックとは、気温の急激な変化によって血圧が大きく上昇し、心筋梗塞や脳梗塞を起こす現象をさします。温かい場所から寒い場所に移動すると起きやすいです。

暖かいリビングから寒い脱衣室に移動し、服を脱いで寒い浴室に入り、お湯のシャワーを浴びたり浴槽内でお湯につかったりすることで体があたたまった後にまた寒い脱衣室へ出る…といった気温差の大きい場所を移動していると、その気温差に対応しようと血圧が上がったり下がったりします。
この影響で血管に負担がかかり、重大な疾患を引き起こす恐れがあるのです。

もともと血圧が高めの人や心臓が弱い人、熱めのお風呂を好む人、肥満気味の人は要注意です。

バスルームを快適にするための解決策

ヒートショックを防ぐという意味だけでなく、快適なバスルームをつくるには、バスルームとその周辺の空間との温度差をできるだけなくすことが重要です。

在来浴室は壁や床がタイルであたたまりにくいため、浴室内の気温が下がりやすく、冬場は体への負担が大きいです。入浴前に浴槽に張ったお湯の蒸気で室内をあたためておくという方法がありますが、浴槽内のお湯が冷めやすくなってしまいます。

床に滑りにくいタイプのマットを敷いて冷たいタイルに足が触れないようにしたり、入浴前にお湯のシャワーを出して暖めるといった方法が手軽ですが、根本的なヒートショックの防止にはなりません。浴室をリフォームするという方法を検討するのが現実的でしょう。

バスルームのリフォームを行うことによるメリット

バスルームのリフォームと言っても、方法は主に2つあります。

ひとつは既存のバスルームの断熱性能を高めるリフォームをする方法です。窓を複層ガラスなどの断熱性能が高いタイプに取り替えたりします。バスルーム内を直接あたためる方法として換気暖房乾燥機を設置することもあります。

ただし、在来浴室の場合は気密性が低いため断熱効果があまり高くなりませんし、換気暖房乾燥機によって室内の空気が乾燥しすぎるとタイル下地が傷みます。

もうひとつの方法は、バスルーム自体を在来浴室からシステムバスに交換するという方法です。既存の浴室は解体して撤去し、下地を整えてからシステムバスをパーツごとに組み立てていきます。基礎部分や下地部分に深刻な問題がなければ、システムバスの組み立て自体は1週間程であれば完成します。

こうしたリフォームを行う最大のメリットは、寒くなりにくいバスルームが手に入れられるということでしょう。冬場にあたたかい状態でお風呂が使えることは快適性が高まりますから、バスタイムをゆっくり楽しめます。

また、システムバスにリフォームする場合は、掃除がしやすくなるのもうれしいポイント。壁や床が在来浴室のようにタイルではなくパネル仕上げなので、スポンジで軽くこする程度で汚れが落ちます。在来浴室から在来浴室にリフォームするよりも工事費が抑えられるというメリットもありますよ。

バスルームのリフォームに際しての注意点や考慮事項など

バスルームをリフォームする際にもっとも注意しておきたいのは、リフォーム工事の流れを把握しておくことです。在来浴室をリフォームする場合、解体して撤去するのにかなり時間がかかりますし、音やほこりなどが発生します。職人の出入りもありますから、住みながらリフォームするには工程の段階によってはストレスがかかりやすいことを事前に把握しておくことが大切です。

リフォーム中は自宅での入浴はできませんから、銭湯に行くなどの対応も必要です。リフォームの時期によっては入浴のために都度外出するのが面倒に感じることがありますので、工事時期をよく検討しましょう。

工事業者を選ぶ際は、家族のライフスタイルや家族構成、色などの好みに合わせた提案をしてくれるかをチェックしましょう。提出する見積が「一式」と簡易的な表現でまとめてあると工事内容が分かりにくいため、詳しい見積を出してくれるかどうかもチェックポイントのひとつです。
また、工事費用が相場と比べて差がありすぎないかを見るために、2~3社の業者から相見積を取って比較検討することを忘れずに。

リフォームすることで快適性がぐんとアップすることが多いバスルーム。もし今のバスルームが寒くて、ヒートショックの危険性を感じたり落ち着いてゆっくり入浴できないと感じているなら、あたたかく快適に入浴できるバスルームへのリフォームを早めに検討することをおすすめします。

関連コラム

リフォーム施工取扱店舗はこちら

リフォームで楽しむ新しい暮らしお役立ちコラム一覧へ戻る

  • ロイモール
  • ロイサポート