お役立ちコラム

外からの視線を遮るフェンスの設置

道路を歩いていると目に入りやすい住宅用のフェンス。防犯や敷地の境界線を示すために立てられていますが、それ以外にも大切な用途があります。それは住宅の外観をさらに魅力的に見せながら視線をカットするという効果です。

フェンスはなければ生活できないというアイテムではありません。しかし、道路から敷地内が丸見えになり、通行人からの視線が気になってしまい、落ち着いて生活出来ない方には、目隠し効果のあるフェンスの設置をおすすめします。

そこで今回は、フェンスを設置するメリットや設置する際の注意点、アレンジによってフェンスを楽しむコツなどを紹介していきましょう。

家の外まわりのよくある悩みとは?

新築や建て替えなどで住宅を建てる場合、どうしても住宅本体に関心が向いてしまいがちです。フェンスをはじめ門扉などのエクステリアと呼ばれる部分は、後回しになったり予算をほとんどかけないでいることも少なくありません。

しかし実際に完成して生活をはじめると、エクステリア関係のお悩みはいろいろ出てきます。フェンスに関するお悩みでは「前面道路からの視線が気になるのでフェンスを設置したい」「通行人の視線はカットしたいが風通しはよくしたい」「フェンスを設置したら日当たりが悪くなってしまったので対処したい」というものが多いです。

フェンスの有無や種類によっては日々の住み心地にまで影響を与えるとなると、じっくり考えてより適したフェンスを設置したいものです。特に視線を遮るのが目的なら、デザインや高さなどをしっかりチェックして選ぶことが必要でしょう。

フェンス設置によるメリットは?

多くの住宅で設置されているフェンス。現在設置していない住宅にフェンスを設置した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

まずは道路から敷地内や住宅の中が見えにくくなるというのが一つのメリットです。
たとえば前面道路に面した位置にリビングがあると、家の中の様子や留守かどうかということがある程度わかってしまいます。
また、ご自宅の立地やフェンスの高さ、種類を熟考することで空き巣防止となるフェンスを設置する事もできます。

次に得られるメリットとしては、開放的なプライベートスペースを庭につくることができるという点です。フェンスを設置することで通行人の視線をカットできれば庭で心おきなく過ごせますから、開放的なプライベートスペースとしてのんびり楽しめるでしょう。

また、プライバシー保護という点でもフェンスの設置は有効です。敷地の関係で隣家との距離があまりない場合、間取りによっては隣家から自分の家が見えやすくなってしまうことがあります。ご近所同士とはいえそれぞれプライバシーがありますから、フェンスを設置すれば互いに無用な気遣いを避けることができるでしょう。

フェンスの種類とおすすめのアレンジ術

視線を遮るという目的で設置する場合、対象のフェンスの種類がいくつかあります。
シンプルなタイプが好みなら、アルミ製の横型ルーバータイプがいいでしょう。どんな外観の住宅とも相性がよく、色展開も豊富です。外まわりの状況に合わせて幅や高さも選べますから、敷地境界線全体に設置するパターンでも視線を遮りたい位置だけに設置するパターンでも対応できます。

住宅や庭の雰囲気が和モダンや純和風であれば、竹垣フェンスがいいでしょう。天然の竹を使っているタイプもありますが、雨などによる劣化を抑えるには樹脂製のタイプがおすすめです。敷地境界線全体に設置する方法以外に、玄関までのアプローチ部分や隣家との境界線部分だけなどアレンジして設置する方法でも視線を遮る効果はあります。

また、同じく視線カットはしたいけれど風は通したいという場合、多段タイプを選ぶのもいいでしょう。多段タイプとは、一般的なフェンスを2~3段縦に積み上げて設置するというものです。通行人の視線をカットするなら道路面から150~200㎝程度の高さにフェンスを設置するのが有効ですから、2~3段目にアルミルーバーフェンスを、1段目に安価な格子型フェンスを組み合わせることで、金額を抑えながら視線カットと通風とを実現できます。

フェンスを設置するにあたっての注意事項は?

フェンスを設置する際にもっとも注意したいのは、隣家との敷地境界線の位置をきちんと守ることです。フェンスの基礎を立てる時に敷地境界線を越えてしまうとトラブルのもとになりますから、図面などでよく確認する必要があります。

また、視線を遮ることを目的にフェンスを設置する場合、隣家との距離が接近しているとフェンスのデザインや設置高さによっては隣家に与える圧迫感が強くなります。特にフェンスの設置によって隣家への風通しや日当たりに影響が出ると問題ですので、設置時にこうした影響が出ないかをよく検討して選びましょう。

リフォーム施工取扱店舗はこちら

リフォームで楽しむ新しい暮らしお役立ちコラム一覧へ戻る

  • ロイモール
  • シニアパスポート
  • LINE@友達募集中!!
  • ロイサポート