お役立ちコラム

家族に合ったガーデンリフォームで家の外も充実空間

家族でリラックスした時間を過ごすスペースといえば、リビングやダイニングという印象が強いですね。リフォームで、ゆったりと広く開放的な空間にするケースが多いですが、最近は住まいの外のスペースを効果的に使う方法も人気が高まっています。

中でも増えているのが、リビングに面した庭のスペースを家族で過ごせるような場所に変えるガーデンリフォームです。今回は、住まいの外でも充実した時間を過ごすためのガーデンリフォームについて紹介していきます。

家族構成に合ったガーデンスペースとは?

花や緑を育てる場所として使うことが多い庭を家族でくつろぐガーデンスペースにリフォームすると、我が家での快適な過ごし方にバリエーションが増えます。ただし、家族構成に合わせて使いやすいプランを選ぶことが大切です。楽しく家族で過ごせるガーデンスペースの種類にはどんなものがあるのか、見ていきましょう。

ウッドデッキ

庭に面したリビングや和室に隣接した位置に設置する木製のデッキです。隣接する室内空間の床と同じ高さに合わせて作ることが多く、室内から見ると部屋が広がったように感じる点がポイントです。

室内とウッドデッキとの間に段差がなく、移動が楽というのが大きな特徴です。また、室内から様子を確認しやすいため、小さな子どもや足腰に不安があるお年寄りがいる家庭におすすめです。

タイルデッキ

ウッドデッキと同じように、リビングなどの室内空間に隣接して設置するタイル製のデッキです。屋外用タイルを好きな面積だけ敷き詰めて作ります。

室内から庭まで数段の段差をつけることが多く、ガーデンテーブルとチェアを置く以外に直接デッキに座ってくつろぐことも可能。掃除がしやすくおしゃれな雰囲気になるため、遊び盛りの子どもがいる家庭や、来客が多い家庭におすすめです。

テラス屋根

ウッドデッキが床だけ設置する形であるのに対して、テラス屋根は屋根があることで室内に直射日光が入ったり開口部が雨で濡れるのを防げるため、室内の床や家具が日焼けがしにくく、窓サッシの掃除が楽です。また、洗濯物を干している時に急な雨が降っても安心ですし、晴れた日だけでなく小雨の日でも外に出て過ごすことができます。

ガーデンルーム

テラスの屋根と床の間にパネルドアを設けて、一つの部屋のような状態で設置するのがガーデンルームです。雨の日はパネルドアを閉めておけば洗濯物を乾かせますし、晴れた日はパネルドアを開ければ風が通るため、セカンドリビングとして使えます。

ガーデンリフォームでできることとは?

庭の一部にをリフォーム内容することで、さらに過ごしやすい我が家へと変えていくことができるガーデンリフォーム。住宅のリフォームとはまた違う魅力がたくさんあります。ガーデンリフォームでは、どんなことができるのでしょうか。

砂利を敷いて防犯対策

庭の一部、もしくは全面に砂利を敷くというガーデンリフォームは、歩くと音がするため不審者の侵入を防ぐ効果があります。人感センサーがついたアウトドア照明をあわせて設置するとさらに強い防犯対策になります。 また、砂利を敷き詰めると雑草が生えるのを抑えられますから、草取りの手間もかからなくなるでしょう。

芝生を植えてセンスアップ

庭の表面が土のままだと、少し放置しておくだけで雑草がどんどん生えてきます。芝生を植えることで雑草対策になるだけでなく、庭が明るくおしゃれな印象になります。日光の反射を抑える効果も期待できますよ。

花壇を作ってガーデニングを楽しむ

庭の一部分、もしくは全体を使って花壇を作るリフォームは、ガーデニングが趣味の家族がいる場合は嬉しいリフォームですね。レンガやタイルなどでアプローチを設ける、ガーデン用フェンスでアーチを作る、動物などの置物を飾るといったさまざまな内容が可能です。

ガーデンリフォームのポイントと注意点

少し手を加えるだけで劇的な変化を得られるガーデンリフォーム。より満足度の高いリフォームをするには、次のポイントを押さえて進めていくといいでしょう。

リフォームの目的を明確にする

機能性や居住性を重視する室内のリフォームとは違って、ガーデンリフォームは快適性を重視します。それだけに、「どういうガーデンにしたいのか」「なぜそのガーデンが必要なのか」という点をはっきり決めておくことが、リフォーム成功のポイントになります。

家族や友人とバーベキューなどを楽しみたい、公園に行かなくてもいつも身近で子供が自然を感じながら遊べるようにしたいなど、使い方の希望が明確になれば、どういったガーデンリフォームが適しているのかが判断しやすくなります。

メンテナンスがしやすいかどうかを確認する

たとえば、「子どもやペットと一緒に裸足で遊べるから」という理由で芝生を敷き詰めるリフォームをした場合、確かに裸足で遊べて気持ちいいとはいえ、芝生の手入れに手間がかかるとなると、かえってリフォーム前よりも大変になります。セカンドリビングのように使いたいからという理由でウッドデッキを設置したものの、防腐剤の塗布や割れ・汚れなどの掃除が面倒になって、放置した結果予定より早く劣化してしまったというケースもあります。

希望しているガーデンリフォームはメンテナンスにどれくらいの労力や予算・時間がかかるのか、リフォーム前にしっかり確認しておくことが大切です。

関連コラム

リフォーム施工取扱店舗はこちら

リフォームで楽しむ新しい暮らしお役立ちコラム一覧へ戻る

  • ロイモール
  • ロイサポート